「四国発 心酔わせる酒たより」メールマガジン バックナンバー

発行者:酒舗 石川友一商店 石川晃三
最終発行日:2008126

●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●1月26日(土)
寒中お見舞い申し上げます。
いつもありがとうございます。
南国四国といえど、そこは1500ml級の山脈を背にした愛媛県四国中央市。
今週は真冬の寒さに覆われています。遠くの山は真っ白でまるで信州のよう。
先週の日曜日は予期せぬ大雪で交通は大混乱。
普段雪に慣れてないものだからもう大変です。
さてこんな寒さも酒造りにとっては大歓迎。
外の寒さとは対照的に、蔵の中はいま吟醸つくりのもっともHOTな時期を迎えています。

寒気を切り裂いて生まれ出ずる美酒の数々。
酒通にとっても嬉しい季節がやってきました。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○
幸運を呼び込む縁起の良いお酒です。
平成2024日蔵出し「梅錦 立春朝搾り」締め切り間近となりました。
お早めにどうぞ。

今年で5回目の蔵出しです。すでに酒通の間では一年のなかの一大事!!
「梅錦 立春朝しぼり」のリリースが迫ってまいりました。
2
4日(月)立春の日の早朝しぼりあがった純米吟醸生原酒をなんとその日のうちに発送いたします。
本来なら蔵元でしか味わえなかった野性味あふれる文字通りの生まれたて生酒。
キラキラと薄緑色に輝く冬の旬酒です。
締め切りは今月いっぱい131日までとさせていただきます。
受注本数しかビン詰めしておりません。お早めにお申し付け下さい。
ご来店のかたは2月4日の午前10時以降にお越しくださいませ。

・梅錦 立春朝しぼり 純米吟醸生原酒  720ml  ¥1575(税込)
http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun.htm



冬の旬酒「しぼりたて生酒」続々入荷中です。
大寒を過ぎた1月下旬からいよいよ吟醸つくりもピークを迎えます。
ピーンと張り詰めた寒気が支配する蔵のなか、杜氏はじめ蔵人たちがもっとも緊張し
、細心の注意を払いながら作業が続きます。
なにしろ相手は微生物。人間の都合には合わせてくれません。
ほぼ不眠不休の酒造りで体力的にもタフな日々を耐えてこそ心を奮わせる美酒の誕生に

立ち会うことが出来るのです。
そんなことを考えてるとお酒についつい敬意を払ってしまいますね。
造り手の男意気を感じる冬の旬酒のいろいろ入荷中です。

・和製シャンパン。泡好きのかたには大人気の「美丈夫 うすにごり」(高知)
http://www.tomoichi-syouten.com/shiboritate2.html

・高知といえばこの蔵も!「酔鯨 未濾過 純米吟醸生」も待望の入荷。ワイルド&フレッシュ
http://www.tomoichi-syouten.com/suigei.htm

・特筆すべきはマイルドな味わいで柔らかな満足感あふれる「冬の月 純米吟醸」(岡山)。
http://www.tomoichi-syouten.com/shiboritate2.html


寒い時にはやっぱり燗酒
四国の銘醸蔵がつくるワンランク上の上燗酒。
身も心もあったまる癒しの酒いろいろ。
http://www.tomoichi-syouten.com/kanzake1.htm


「明るい農村」は「農家の嫁」がつくる!
あの限定品、炭焼きいも焼酎「農家の嫁」が少しだけですが入荷しました。

「明るい農村」で鳴る鹿児島県・霧島町蒸留所さんの限定品、炭火焼きいも焼酎が入荷しました。
大変手間のかかる製法で生産量が極めて少なく今回も割り当てとなりました。
炭火で焼いたコガネセンガン種のいもからつくられるこの焼酎。
かつてない独特の香ばしい風味と奥行きの深い味わいを持っています。
唯一無二、独特の世界は酒通必飲の一本です。
お早めにお申し付けください。
http://www.tomoichi-syouten.com/okukirishima.html

***************************************************
『四国発 こころときめく酒たより』
酒舗 石川友一商店  
799-0122 愛媛県四国中央市金田町半田乙367-1
TEL 0896-56-3139 FAX 0896-56-3138
E-Mail ishikawa@tomoichi-syouten.com
URL http://www.tomoichi-syouten.com
***************************************************
●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●1225日(火)
いつもありがとうございます。
クリスマスが過ぎればあっという間に大晦日。
連日忙しい日が続き、当店も一日があっという間に過ぎていきます。
街の喧騒ももっともにぎやかでなんだか心はなやぐ年の暮れ。
今年も残すところあと一週間となりました。

さて年内お届け最終〆切のお知らせです。
四国、九州、中国、関西、北陸、関東、甲信越は1229日まで、
東北、北海道、沖縄は1226日中までにお願いいたします。
物流の混雑が考えられますので余裕をもってご注文くださいませ。

実店舗の営業は1231日午後9時まで元旦はお休みをいただいて12日から通常営業いたします。
発送業務も2日から行います。

皆様にとって2007年はどんな年でしたか?
今年も数多くの出会いに恵まれてすばらしい一年を送ることができました。
心よりうれしく思います。ネットが結ぶ新しいご縁、本当にありがとうございました。

どうぞ来年も変わらぬご愛顧よろしくお願いいたします。

さて年内お届けまだ間にあいます。
お忘れ物はございませんか?どうぞお急ぎ下さい!
         
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

まだ間に合います。年末年始に飲むスペシャルなお酒いろいろ。
大事な人へのお酒は贈ったけれど。。そういえば年末年始に飲む酒を忘れていた!!って人いませんか?
年の初めはやっぱり日本酒でおごそかにいきたいもの。気持ちも引き締まっていい年のスタートを
http://www.tomoichi-syouten.com/gift.htm

焼酎党のかたならこだわりの本格焼酎がおすすめ
http://www.tomoichi-syouten.com/giftsyoucyu.htm

冬の旬酒「初しぼり生酒」も続々入荷しています。
どの蔵もすばらしい新酒ができあがっています。特におすすめの美酒をご紹介いたします。
新しい年の始まりを飾るにふさわしいフレッシュな味わいの旬の酒。
ぜひどうぞ。

http://www.tomoichi-syouten.com/shiboritate2.html

福を呼び込むめでたいお酒。ご予約承り中。
「梅錦 立春朝搾り」200824日蔵出しです。

2008
年2月4日(月)立春の早朝にしぼられた純米吟醸の生原酒を翌日にはお召し上がり頂けます。
今年で5回目のこの企画、毎年多くの方からの賛辞を頂戴しています。
「すごくイキオイのあるお酒」「蔵の香りがただよってくるよう」「フルーティーで爽快」
「これまで味わった事のない未知の美味しさ」などなど。
このお酒で日本酒の奥深さに見せられた方も数多くいらっしゃいます。
これまで蔵元でしか味わえなかった味わいを翌日にはお楽しみ頂けます。
(北海道、沖縄、東北地域ほか一部地域は翌々日)ご注文いただいた数量しかビンつめいたしません。
お早めにご予約いただけましたら幸いです。
http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun.htm


こちらも冬の旬、できたてのいも焼酎が入荷しています。
「海」「くじらのボトル」でおなじみの大海酒造さん。
綾紫種の赤いもで仕込んだ「くじらのボトル 綾紫」がわずかですが入荷しました。
年に一度の「潮吹きクジラ」お早めにどうぞ。

http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm

***************************************************
『四国発 こころときめく酒たより』
酒舗 石川友一商店  
799-0122 愛媛県四国中央市金田町半田乙367-1
TEL 0896-56-3139 FAX 0896-56-3138
E-Mail ishikawa@tomoichi-syouten.com
URL http://www.tomoichi-syouten.com
***************************************************



●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●102日(火)
いつもありがとうございます。
長く暑かった夏が逝き、酒党にはお待ちかねの季節がようやくやってきました。
実りの秋、食欲の秋。お酒も旬のものもより美味しく感じられますね。
お気に入りの酒器でゆっくりと桃源郷にただようような美味しさを楽しみたいです。
今回もそんなこころときめくお酒たちのご紹介です。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○


四国の秋には「ひやおろし」がある。四国の美酒蔵、秋の旬酒勢ぞろいです。

暑かった夏が過ぎ、秋風が吹き始める頃、酒徒の心もそよぎだします。
早春の頃にしぼられた新酒も、ちょうどいい頃合いに熟成し、味ノリしてまろやかに。

その旨みたっぷりの円熟の味を、蔵出し風味が活きる生詰めでお届けするのが〈ひやおろし〉です。
その昔、「冷や」のまま貯蔵用の大桶から木樽に「移し(おろし)」て樽詰めしたことから
、「ひやおろし」と呼ばれ、秋の酒として珍重されてきました。
美酒王国四国の蔵元が自信をもってお勧めする秋の旬酒「ひやおろし」の数々。
どうぞお楽しみください。

http://www.tomoichi-syouten.com/hiyaoroshi%20top.html

いも焼酎ファン待望、年に一度の新焼酎が入荷しました。
ご存知大海酒造「くじらのボトル 新焼酎」。お早めに!!

「海」「くじらもボトル」「海王」で焼酎ファンの心をガッシリつかんでいる大海酒造さんの秋の旬酒、
「くじらのボトル 新焼酎」が明日入荷してまいります。くじらが勢いよくブリーチングしているラベルの
通称「縦くじら」です。黄金千貫を使用して白麹常圧蒸留しています。仕込み水は垂水地区に湧き出す温泉水「寿鶴」。
この水がすばらしいんです。柔らかでいっぱいのミネラルを含んだ優しい甘みがあって焼酎の仕上がりをじつに
まろやかにしてくれます。蒸留したばかりのふっくらとしたサツマイモの甘い香り、力強いコクと旨み。年に一度の美味しさをお楽しみくださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm

こちらもレアないも焼酎の入荷です。
「明るい農村」でおなじみの霧島町蒸留所さんが昨年リリースするや 
たちまちのうちにSOLD OUTとなった炭火焼のいもを使って仕込まれるその名も「農家の嫁」。
今回は種子島産のムラサキいもで仕込んだ限定品も入荷しました。
大変手間隙のかかる製法ですので本数に限りがあります。
今回は720mlそれぞれ24本のみの入荷です。
お早めにお申し付けくださいませ。
いものうまみや甘みを最大限に引き出しています。
「濃〜いの大好き」な方にはうってつけの一本です。

http://www.tomoichi-syouten.com/okukirishima.html


●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●531日(木)
いつもありがとうございます。 5月も今日で終わり。初夏というよりもう夏の日差しがまぶしいですね。
先週日曜日に香川県小豆島で行われたハーフマラソンに出場してまいりました。
雲ひとつ無い快晴、スタート時の気温27度。21km走るにはとてもハードなコンディション。
序盤は「?」と思うほどのハイペースだったのですが、故障の膝を無意識のうちにかばっていたのか?
ふとももが攣ってしまうアクシデント発生。10km過ぎにドーンとペースダウンしてしまい終盤はほとんどジョギングペース。
青息吐息で何とかゴールまではたどり着いたものの大変悔いの残る結果となってしまいました。
調整不足と無計画なレース運びにちょっと凹みましたが、そこは楽天的な私のこと。
次回のリベンジを心に誓いつつ、海辺でビールを飲んでたらすっかりいい気持ちになってしまいました。
熱い気持ちをやさしく包み込んでくれるお酒たち。今回も盛りだくさんです。
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○
高知の吟醸蔵「美丈夫」の浜川酒造さんから新世代酒党にアピールする発泡性の吟醸酒 「美丈夫 しゅわしゅわ」が好評発売中です。
濃いブルーのおしゃれなビンに入っています。リーズナブルでファッショナブルな新感覚のお酒です。
以前から「シャンパンやワインのように料理の味わいを邪魔しない食中酒を日本酒で表現したい」との願いを持っていた 浜川社長さん。
当蔵ではすでにビン内で二次発酵させるタイプの発泡性清酒を造 っておりましたが、
「しゅわしゅわ」はしぼりあがったお酒に炭酸ガスを注入して発泡性を持たしております。
そのため、製造コストが削減され、懐の痛まないリーズナブルな価格で提供できるようになりました。
上品で控えめなフルーツの新鮮な香り。透明度が高くて突き抜けたクリアーさのなかに スパークするさわやかな口当たりが刺激的です。
夏の食卓に映える辛口のスパークリング清酒。どうぞお確かめください。
http://www.tomoichi-syouten.com/bijo.htm

これ以上内贅沢を楽しむ。「酔鯨」2007年度金賞受賞酒
同じく高知・酔鯨酒造さんが先日行われました全国新酒鑑評会におきまして昨年に引き続き金賞を受賞しました。
「全国新酒鑑評会」は国税局醸造試験が主催する全国的な新酒の鑑評会です。
出品酒はまず属する国税局内の鑑評会で優秀と認められなければなりません。その中で決審で特に優秀だとされた酒が金賞となります。
今回も石本製造部長さんに無理言って少しだけ分けていただきました。
酔鯨酒造さんは金賞受賞酒とはいえ通常の大吟醸と同じプライスで提供していただいております。
酒通にとってはこの上なくうれしいことです。これ以上ない酒つくりの情熱と技の粋を感じてください。
割り当て本数が少ないためにお早めにどうぞ。 610日過ぎからのお届けとなります。
http://www.tomoichi-syouten.com/suigei.htm

大海酒造さん。「海」「くじらのボトル」「海王」が入荷してまいります。焼酎ブーム一段落とはいえまだまだ人気のいも焼酎。
そのなかでもいまだに入手困難といわれ、 一部では不当なプレミア価格もついている大海酒造さんの人気アイテム
(「海」 「くじらのボトル」「海王」)が 6月にある程度の数量が入荷してまいります。
当店は特約店ですのでもちろん定価 で提供させていただいております。
ご入用ののかたはお急ぎください。6月中お届け分は64日をもって締め切りとさせていただきます。
どうぞお早めにお申し付けくださいませ。 610日過ぎからのお届けとなります。
http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm

夏はすぐそこ!!「もっと元気に。もっと美しく」 沖縄の自然派サプリメント「泡盛百年酢」好評発売中です。
現在好評いただいております「泡盛百年酢」シリーズ。
疲労回復、体質改善、美容、ダイエット、高血圧などに効果があり 現在多くのかたからお褒めの言葉をいただいております。
有酸素運動とあわせると、代謝をさらに活発にさせて脂肪が燃えやすい 太りにくい体になります。
またクエン酸を多くふくんでいますので 疲れのもととなる乳酸の生成を阻んで、次の日の疲労度がぜんぜん違います。
おかげで体脂肪11%台。若い時のキレのある体が戻ってきました。
疲れにくく、軽快な体つくりにお役立てください。 現在どこよりもお求めやすい価格で提供させていただいております。
<夏場は需要が急増します。出来ましたらお早めにご注文ねがいます。>
http://www.tomoichi-syouten.com/awamorihyakunenn.htm

●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●55日(土)
いつもありがとうございます。 GWいかがお過ごしでしょうか?どこの行楽地も大賑わいのようですね。
あと残すところ2日、どうぞ皆様お元気で素晴らしい休日をお過ごし下さい。
さてこの季節、昨年漬けた梅酒が切れてくるころではないでしょうか?
美味しく飲んで夏バテ防止、今年もこだわりの梅酒をぜひ!! 初めてのかたもぜひチャレンジして見てください。

こだわり調味料に老舗割烹がつくる本格ぽん酢が仲間入りです。
愛媛の名割烹「味将」の若大将・石川将太郎さんが特別にブレンドした本格ぽん酢です。
もちろん化学調味料やその他の添加物は未使用です。 だいだいとゆずの風味が食欲を増します。
お鍋、焼き魚、ドレッシングなどなど 用途も多彩。 プロの味わいをそのままご家庭でもお楽しみ下さい。
http://www.tomoichi-syouten.com/yoisyokuhinn.htm

至極の和歌山産青梅とこだわりの本格焼酎で造る「究極の梅酒つくり」。今年もホンモノに迫ります。
和歌山・南部でもっともいい仕事をなされている梅農家の一人 滝川さんの青梅と本格焼酎で造る「究極の梅酒つくり」を今年もご提案いたします。
まるで桃のように皮が薄く、肉厚の甘い香りを放つ、驚きの果実には 高純度のクエン酸を含み、疲労回復、夏バテ解消、血をサラサラにする作用、
整腸作用、動脈硬化などに効果があり、健康飲料としても昔から愛飲されてきた「梅 酒」。
今年はあなたのオリジナルの「究極の梅酒つくり」にチャレンジしてみま せんか?
もちろん梅漬、梅紫蘇漬にしても最高級のものが仕上がります。
やってみたいけど、時間がない・・・という方には当店の梅酒造り暦25年の母が丹精込めて仕込みます。
詳しくは、 http://www.tomoichi-syouten.com/umesyu.htm

時間がなくて・・・でもおいしい梅酒は飲んでみたい!!の人はこちら。 蔵元がつくるこだわりの梅酒いろいろ。
酒造りのプロが造った、ちょっと贅沢な 梅酒です。 清酒蔵、焼酎蔵、それぞれこだわりの梅酒を集めました。
http://www.tomoichi-syouten.com/umesake.html

愛媛の銘酒「梅錦」さんから初夏の旬酒 摺りガラスの涼やかなボトルに入った「純米大吟醸 生酒」がリリースされました。
冬にしぼられた新酒を低温で保存熟成させてより爽やかさ、みずみずしさを楽しむ旬のお酒です。
蔵元直送でつめたいままお客様のもとへおとどけする夏のギフトにも対応しておりますのでぜひご活用ください。
http://www.tomoichi-syouten.com/junginnama1.htm

日本酒界の革命児 愛媛県内子町の亀岡酒造さん。
長らく品切れしてご迷惑お かけいたしておりました
「お母さんのかくしざけ」がリリースされました。
日本で唯一、赤米を使って仕込まれた桃色のにごり酒です。 甘く、とろりとした独特の世界をもった味わいです。
1500
本の限定です。お早め にお申し付けくださいませ。 お母さんの日の贈り物にいかがでしょうか?
http://www.tomoichi-syouten.com/okaasan.htm

美酒でめぐる全国一周の旅 日本名門酒会の頒布会のご紹介です。
「地酒街道テクテク旅」 昨年大変好評を得ました「カップ酒頒布会」に引き続いて西から東、なんと32の蔵元の美酒を4ヶ月に渡ってお楽しみいただきます。
今回は一回で飲みきれる270ml(約一合半)サイズのボトル入り、 女性も気軽に飲めるおしゃれなボトルに詰まっています。
各蔵元の個性的な美味しさを楽しみつつ、ちょっとした旅行した気分になれることうけあいです。
6
月から9月の4回にわたって10銘柄づつ合計32銘柄をお届けいたします。 お申し込み締め切りは今月末までです。
どうぞお早めにお申し付けくださいませ。
http://www.tomoichi-syouten.com/cup.html



●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●1224日(日)
いつもありがとうございます。 こちら四国は気持ちのいい青空が広がるクリスマスイヴです。いよいよ今年も残すところわずか。
あわただしい毎日、当店もラストスパートの一週間。 年明けまではあっという間の毎日です。さて年末年始に味わう美酒、美肴などお忘れ物などございませんか?
年内到着便のお知らせです。 北海道、沖縄は1226日、東北は1227日、関東、甲信越、北陸は1228
中部、東海、関西、中国、九州は1229日までにご注文いただけましたら 年内にお届け可能でございます。なお年末は物流が混雑いたします。
出来るだけ余裕をもってご注文のほどお願いいたします。 今年一年大変お世話になりました。あつく御礼申し上げます。
来年もスタッフ一同頑張ります。どうぞ変わらぬご愛顧のほどお願い申し上げます。
なお年内は実店舗、ネットショップともに31日まで営業。 年明けは2日より通常営業いたしております。
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○
今年も沖縄の海にクジラが帰ってきました!!
いつもお世話になっている沖縄座間味島のダイビングサービス「沖縄リゾート」さんから クジラのたよりがやってきました。
冬を沖縄近海で過ごすザトウクジラが今年も 里帰りしたとのこと。
年明け2月には豪快さと優しさをもつ彼らに再会しに行こうと思っています。 さて当店にも大人気のクジラにまつわるお酒が年末になって緊急入荷です。
・高知の辛口美酒「酔鯨」の純米吟醸のしぼりたて新酒が入荷です。
名前の豪快さとはうらはらに実にエレガントな吟醸酒造りに定評のある 高知・酔鯨酒造さんの今年一番の新酒しぼりたて
「吟麗 純米吟醸しぼりたて生 酒」が入荷しました。
酔鯨さん特徴はなんと言っても驚異の精米歩合。 このしぼりたては大吟醸なみの50%までお米を磨いて丁寧なつくりをされています。
今年は北陸産の五百万石という酒造好適米をもちいています。
出来上がって間がないため少し炭酸ガスを含んでいます。
フレッシュな酸味がで口の中で爽やかにスパークします。
しっかりと味わいがのった素晴らしいできばえです。 冬の旬の味わいをぜひお楽しみください。
http://www.tomoichi-syouten.com/suigei.htm

・鹿児島のくじらといえばなんと言っても大海酒造さんの超人気いも焼酎。「くじらのボトル」ですが、
この冬特別に割り当てを頂いた年に2度しか出荷され ない 限定品「くじらのボトル 綾紫」のご案内です。
過去には入荷量が非常に少なく案内できなかった商品ですが 年末特例として無理言って分けてもらうことができました。
契約栽培して生産された綾紫種の紅いもから造られるこのいも焼酎。
力強くコクのある甘みがとても印象的です。
よりコクのある黒麹仕込み、まろやかな白麹仕込みの2種類がございます。 限定品につきお早めにお申し付けください。
http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm

立春の日恒例 一日だけの限定しぼりたて「梅錦(愛媛)立春朝搾り 純米吟醸無濾過生原酒」予約承り中です。
2007年2月4日(日)立春の早朝にしぼられた純米吟醸の生原酒を翌日にはお召し上がり頂けます。
今年で5回目のこの企画、毎年多くの方からの賛辞を頂戴しています。
「すごくイキオイのあるお酒」「蔵の香りがただよってくるよう」「フルーティーで爽快」 「これまで味わった事のない未知の美味しさ」などなど。
このお酒で日本酒の奥深さに見せられた方も数多くいらっしゃいます。
これまで蔵元でしか味わえなかった味わいを翌日にはお楽しみ頂けます。
(北海道、沖縄、東北地域ほか一部地域は翌々日) ご注文いただいた数量しかビンつめいたしません。
お早めにご予約いただけましたら幸いです。 http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun.htm

●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●1130日(木)
いつもありがとうございます。
暖冬といわれて久しいですが、今冬の暖かさはちょっとヘン。
ちょっと力仕事しようものなら汗ばんでしまい、夜ランニングで軽く走っても
汗まみれ。半そででも全然OKです。
温暖化もちょっとシャレにならないくらい進んできている気がします。
さて暖かくても明日からもう師走。今年もあと一ヶ月となりました。
何かとあわただしいこの季節ですが当店では一足早く駆けずり回って
冬のギフトに相応しい「美味しさ」を集めてきました。
しぼりたて生酒、癒しの燗酒etc冬のお酒も俄然ヒートアップしてまいります。
12
月中はラッピングサービスを無料とさせていただいております。
どうぞご利用ください。12月は実店舗、ウェブ店舗無休で頑張ります。
         
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

お世話になった方にちょっとこだわりの贈り物はいかがですか?。

今回はさらにボリュームアップ、アイテムも大幅に増やしました。
ふだんはなかなか飲めない高級酒や、
食卓の味がグレードアップする調味料など,
当店の特撰ギフトには、贈って楽しくもらって嬉しい
良味良質の日本の地の味がつまっています。
「おいしさ」「たのしさ」「健康」をキーワードにオリジナリティーあふれるギフト。

お歳暮期間中はラッピング料金をサービスさせていただきます。
ぜひこの機会にご利用くださいませ。

・やっぱり日本酒がスキ!!の人が増えてきました。
今年は樽でめでたい演出のギフトがお奨めです。
http://www.tomoichi-syouten.com/gift.htm

・焼酎党垂涎のあのアイテムのセットも今回は特別にセレクトしました。
こだわりの焼酎ギフト
http://www.tomoichi-syouten.com/giftsyoucyu.htm

・食卓を彩るこだわりの調味料、美味、そして沖縄の自然派サプリメント「もろみ酢」など
美味食品ギフト
http://www.tomoichi-syouten.com/giftsyokuhin.html


四国発「癒しの燗酒」ベストセレクション

北風が吹き始めると恋しくなるのがあったかく燗したお酒です。
心と体を優しく暖めてくれる癒し効果もある、毎晩の晩酌におすすめの四国の美味しいお燗酒を集めてみました。
個性豊かな味わいは電子レンジじゃなくて湯燗で楽しんでください。
http://www.tomoichi-syouten.com/kanzake1.htm


梅錦(愛媛)冬の蔵出しヌーヴォー「蔵開」吟醸しぼりたて生原酒 1215日から出荷いたします。

そろそろ身にしみてきた初冬の寒さのなか梅錦さんの蔵からは早朝から米を蒸す蒸気が白く立ち上っています。
吟醸つくりが始まりました。冬の定番「蔵開」吟醸しぼりたて生原酒の誕生までもう少し。今年のできはいかがでしょうか?
フレッシュ&フルーティー、生まれたてのはつらつとした味わいを原酒のままビンつめします。
蔵の空気を感じることのできる旬の酒。梅錦「蔵開」1215日から出荷いたします。
http://www.tomoichi-syouten.com/kurabiraki.htm


梅錦さんの期間限定品「究極の酒」「幻味」本年度の出荷が始まりました。

山田錦30%精米の大吟醸「究極の酒」 松山三井米25%精米の純米大吟醸「幻味」。

いずれも杜氏、蔵人たちの魂がこめられたこれ以上の贅沢は求められないまさに酒の芸術品です。
特別な方への贈り物にいかがですか?
http://www.tomoichi-syouten.com/umeitiran.htm


立春の日恒例 梅錦 「立春朝搾り」予約受付開始します。

2007年2月4日(日)立春の早朝にしぼられた純米吟醸の生原酒を翌日にはお召し上がり頂けます。
今年で5回目のこの企画、毎年多くの方からの賛辞を頂戴しています。
「すごくイキオイのあるお酒」「蔵の香りがただよってくるよう」「フルーティーで爽快」
「これまで味わった事のない未知の美味しさ」などなど。
このお酒で日本酒の奥深さに見せられた方も数多くいらっしゃいます。
これまで蔵元でしか味わえなかった味わいを翌日にはお楽しみ頂けます。
(北海道、沖縄、東北地域ほか一部地域は翌々日)
ご注文いただいた数量しかビンつめいたしません。
お早めにご予約いただけましたら幸いです。
http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun.htm


愛媛・内子町の亀岡酒造さんも新酒をリリースです。

あの「銀河鉄道」「しずく酒」のルーツ、契約栽培の地元産の松山三井米を40%まで磨いた
純米大吟醸のしぼりたてです。
蔵特有のやわらかな芳香、旨みは大器の片鱗を十分にうかがわせてくれます。
蔵で飲む生まれたてのフレーバーを味わっていただくため無濾過で瓶詰めしています。

うっすらと雪が舞うようなうすにごりのお酒です。ワイングラスでお洒落に楽しみたいですね。
http://www.tomoichi-syouten.com/junmaidaigin.htm


焼酎入荷情報
大海酒造さんの本年度分の割り当て増につき ご案内が可能となりました。
出来るだけ多くの方に飲んでいただきたいために本数を限定させていただきます。
どうぞご了承くださいませ。なお品切れの際はご容赦ください。
当店は特約店ですので定価で販売させていただいております。
http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm



追記:ミクシーでちょこちょこ日記書いています。どうぞ御笑覧ください。
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=7156164


●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●● 104日(水)

いつもありがとうございます。
天高く馬肥ゆる秋、最近何を食べても美味しくてついついウェイトオーバーになりそうです。
こちら愛媛はこれからお祭りシーズン。10月の終わりまでどこかでにぎやかな
地方祭りが繰り広げられます。勇壮でアドレナリンあふれる男気ムンムン系の祭りが多くて
この時期はみなイイ顔をしています。
うちの町内の祭りも再来週に近づいてきました。準備で忙しい毎日です。
さて新入荷の酒&新焼酎も本格的な秋を迎えて風雲急を告げてきました。
皆様お待ちかねの秋の旬酒「ひやおろし」と年に一度の「あの」いも焼酎のご案内です。


○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○


徳島の男酒「芳水」秋の旬酒「特別純米ひやおろし」山田錦、雄町が入荷しました。

 今年は特に雄町がすばらしい熟成をみせています。グーンと伸びる旨みとキレに感動。


今をときめく兵庫の「奥播磨」を世に出したことでも酒通の間では有名な
但馬杜氏 高垣克正氏が芳水酒造に活躍の場を移したのが平成14年。
その情熱あふれる酒造りに感銘をうけた若手醸造家を率いて
きりっとして、深みのある美酒を醸し続けています。
今年の冬に搾られた特別純米の新酒が春、夏を静かな低温倉庫で熟成され
この秋に見事な変貌振りを遂げています。
あえてフィルターを通さない無濾過による山吹色がお酒の風格を物語っているようです。

酒米の両雄「山田錦」と「雄町」、2つの旬の味わいをぜひお楽しみくださいませ。
http://www.tomoichi-syouten.com/housuihiya.htm

さていも焼酎ファン待望、年に一度の新焼酎が入荷します。
ご存知大海酒造「くじらのボトル 新焼酎」。お早めに!!

「海」「くじらもボトル」「海王」で焼酎ファンの心をガッシリつかんでいる大海酒造さんの秋の旬酒、
「くじらのボトル 新焼酎」が明日入荷してまいります。くじらが勢いよくブリーチングしているラベルの
通称「縦くじら」です。
黄金千貫を使用して白麹常圧蒸留しています。仕込み水は垂水地区に湧き出す温泉水「寿鶴」。
この水がすばらしいんです。柔らかでいっぱいのミネラルを含んだ優しい甘みがあって焼酎の仕上がりをじつに
まろやかにしてくれます。
蒸留したばかりのふっくらとしたサツマイモの甘い香り、力強いコクと旨み。年に一度の美味しさをお楽しみくださいませ。
入荷数が限られているためお早めにお申し付けください。
10
6日より出荷いたします。
http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm




●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●822日(火)
残暑お見舞い申し上げます。
いつもありがとうございます。お盆が終わり、季節は晩夏。
お盆期間中は帰省のお客様や弊店ウェブページを見てお越しいただいた方などなど
、例年以上に多くお見えになられて「ひょっとして四国も遅ればせながら景気回復?」
と淡い期待を抱かせる忙しい日々でありました。
暑い中ご来店いただきましたお客様誠にありがとうございました。

昨日早実VS駒苫の壮絶にして残酷な2日間にピリオドが打たれました。
メンタル&フィジカルともに極限を超えた灼熱の中での激闘は間違いなく歴史に残る名勝負でした。
特に一昨日の延長15回、「北の左門豊作」こと本間君と「摂氏零度の情熱」斉藤君の勝負には心揺さぶられ、
涙腺が緩んでしまいました。いずれ両校のプレイヤーの何人かはもっと高いレベルで活躍されることでしょう。
今年の夏を越える熱いプレイを期待せずにはいられません。
折りしも現在文藝春秋社刊「NUMBER」誌のタイトルはその名も「日本には野球がある。」

かねてから私は日本の高校野球は世界に誇る日本固有のスポーツ文化と思っています。

世界遺産に認定されてもいいんじゃないか?と残暑のなかいささか逆上気味に主張したいです。
そんなふうに気温のみならずハートもホットになりがちな8月晩夏、クールダウンしてくれる愛媛のお酒をご紹介させていただきます。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○
愛媛・亀岡酒造さん「千代の亀 ロックでどうじゃ」純米大吟醸活性にごり酒  夏季限定で出荷中です。
問題作を醸しつづける亀岡酒造さんの夏のにごり酒です。
すでに酒通の間ではおなじみの「名称募集中」の夏季バージョンです。
その名も「ロックでどうじゃ」地元産松山三井米を50%まで磨いた純米大吟醸のにごり酒です。
「名称募集中よりやや辛口に仕上げています。
いまだ発酵中ですので、口のなかでプチプチはじける発泡性です。
口に入れると桃や梨のような甘みを感じる爽やかな果実香がいっぱいあふれてきます。

ジューシーでとろりとした甘口の夏酒です。吹きこぼれ防止のため900mlボトルに容量720ml入っています。
クラッシュアイスに注いで楽しめば暑気払いにもってこいのにごり酒です。
夏の終わりにぜひお楽しみください。
http://www.tomoichi-syouten.com/mituzo.htm


みなさん。夏バテは大丈夫ですか?
当店のベストバイアイテム、石川酒造所場さんがつくる「泡盛百年酢」は夏の疲れた体を優しくリフレッシュしてくれます。
泡盛の搾りかすからつくられる「もろみ酢」は現在多くのメーカーが生産販売いたしておりますが、
もろみ酢を研究開発し、初めて発売したのは何を隠そう石川酒造場さんなのです。
泡盛造りにおいてはいまだに手間ひまのかかる甕仕込み、甕貯蔵にこだわっています。

もろみ酢のパイオニアだけに技術とデータの蓄積は他社を圧倒するものがあります。
体をいたわって飲むお酢ですからやっぱり信頼のおけるものだけをお勧めしたいと思っています。
夏バテ防止、疲労回復、肩こり、高血圧、ダイエットに多くの方から喜びのお声をいただいております。
ぜひ「お酢のある健康な生活」をご提案したいとおもいます。
当店ではどこよりもお求め安い価格でご提供させていただいております。

http://www.tomoichi-syouten.com/awamorihyakunenn.htm

***************************************************
 『四国発 こころときめく酒たより』
    酒舗 石川友一商店  
     799-0122  愛媛県四国中央市金田町半田乙367-1
     TEL 0896-56-3139   FAX 0896-56-3138
     E-Mail  ishikawa@tomoichi-syouten.com
     URL     http://www.tomoichi-syouten.com
***************************************************



●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●629日(木)

いつもありがとうございます。
もうすぐ7月。梅雨のジメジメシトシトももう少しの辛抱です。
大雨で被害の出ている地域の方におかれましては大変なことと察します。
どうぞお気をつけてお過ごしください。
サッカーのワールドカップがいよいよ大詰めです。
ファンタジスタたちの華麗なるテクニックと熱き闘争心に連日魅せられています。
ロナウジーニョのフットワークのごとく軽やかに仕事をこなしてみたい?ものです。
さて今回は夏のギフトにももってこいの爽やかさ満点の日本酒&焼酎ファン垂涎、
いまやプレミアアイテムの赤芋仕込み焼酎入荷のご案内です。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

大切なひとへの夏のギフトはもうお決まりですか?
こだわりのお酒、本格焼酎、こだわり食品を厳選セレクトいたしました。
一味ちがう心のこもった贈りもののご提案です。
ギフトシーズン(7月〜810日まで)の受注分は全商品包装、ラッピング料金はサービスさせていただきます。
この機会にぜひご利用ください。

http://www.tomoichi-syouten.com/gift.htm


77日七夕の日にリリースします。梅錦「立春からの贈り物」純米吟醸(愛媛)

毎年24日立春の日といえば酒通にとっては一大イベントとなった梅錦「立春朝搾り」。

今年も多くの方に感動的美味しさをお届けすることが出来ました。
その「立春朝搾り」を梅錦蔵元から車で約30分、緑深い山間の貯蔵庫で半年間ゆっくりと熟成させた
「立春からの贈り物」を77日よりリリースいたします。
夏でもひんやりとした蔵の中はお酒をゆっくりとそだてるにはこの上ないいい環境です。

よりまろやかに美しく成長した味わいをぜひお楽しみくださいませ。
きれいなブルーボトルに詰まっていますので夏のギフトとしてもおすすめです。
120
本の限定入荷ですお早めにどうぞ。

http://www.tomoichi-syouten.com/rissyunkara.htm


古くて新しい酒?梅錦「木桶仕込」。精米歩合の違う3種類の味わいです。

昭和30年ころまでどこの蔵元でも普通に使用されていた木桶を使って仕込まれたお酒です。梅錦さんの蔵の中で
役目をおえて蔵のなかで眠っていた木桶を修繕して約半世紀ぶりに木桶仕込みのお酒をリバイバル。
現在使われているホーローのタンクとちがって温度管理が大変むずかしいのですが、
ゆっくりと酵母にストレスを与えずに健全な発酵ができるのが木桶のいいところ。
今回お届けする木桶仕込みは3種類あり、それぞれ精米歩合が山田錦30%、55%、80%のものですが
すべてに共通する、ほんのりかすかに香るかぐわしい木の香りと喉越しにかんじる柔らかく心地よい苦味が味わいをひきしめています。
梅錦さんの古くて新しいチャレンジ。感じてみてください。

http://www.tomoichi-syouten.com/kioke.html

いも焼酎ファンのみなさま大変お待たせしました!!
「明るい農村 赤芋仕込み」初夏の蔵出し分入荷です。

いまやプレミアアイテム。赤芋ファンなら一度は飲んでもらいたい限定品 鹿児島は霧島町蒸留所さんの
「明るい農村 赤芋仕込み」が75日すぎより蔵出しとなります。
年に2,3度しか蔵出ししないレアさとその独特の濃く甘い世界に魅せられた酒徒の熱いラブコールで
毎回入荷即品切れとなるいも焼酎です。熱い争奪戦を経て当店では120本確保いたしました。
早期の品切れが予測されます。どうぞお早めにお申し付けくださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/okukirishima.html

梅雨が明ければ夏本番です。夏バテ防止とボディーコントロールに「泡盛百年酢」。

夏場は需要が急増します。出来ましたらお早めにご注文ねがいます。

現在好評いただいております「泡盛百年酢」シリーズ。
疲労回復、体質改善、美容、ダイエット、高血圧などに効果があり
現在多くのかたからお褒めの言葉をいただいております。
夏にむけて疲れにくく、軽快な体つくりにぜひご愛飲ください。
現在どこよりもお求めやすい価格で提供させていただいております。
http://www.tomoichi-syouten.com/awamorihyakunenn.htm


***************************************************
 『四国発 こころときめく酒たより』
    酒舗 石川友一商店  
     799-0122  愛媛県四国中央市金田町半田乙367-1
     TEL 0896-56-3139   FAX 0896-56-3138
     E-Mail  ishikawa@tomoichi-syouten.com
     URL     http://www.tomoichi-syouten.com
***************************************************





●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●519日(金)

いつもありがとうございます。
ここのところなんだか雨ばっかりですね。青く澄み渡った空をしばらく見ていません。

しかも週末になるとことごとく雨。。。。オフの日はもっぱらアウトドア派の私ですが、

10
年くらい前にBSで録画していてまだ見ていなかった古い映画を見たり
本棚を整理していてふと妻には絶対に見せられない若き日の手紙を発見して
思わず「ムフフ・・」となったり、こもりっきりの休日もそれなりに楽しさを見つけてエンジョイしています。
季節はもう初夏。この時期を心待ちにしている酒徒も多いのでは?
心と体に優しい美味しい梅酒のご提案です。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○


至極の青梅と本格焼酎で造る「究極の梅酒つくり」。今年もホンモノに迫ります。

和歌山・南部でもっともいい仕事をなされている梅農家の一人
滝川さんの青梅と本格焼酎で造る「究極の梅酒つくり」を今年もご提案いたします。
まるで桃のように皮が薄く、肉厚の甘い香りを放つ、驚きの果実には
高純度のクエン酸を含み、疲労回復、夏バテ解消、血をサラサラにする作用、
整腸作用、動脈硬化などに効果があり、健康飲料としても昔から愛飲されてきた「梅
酒」。今年はあなたのオリジナルの「究極の梅酒つくり」にチャレンジしてみませんか?
もちろん梅漬、梅紫蘇漬にしても最高級のものが仕上がります。
やってみたいけど、時間がない・・・という方には当店の梅酒造り暦25年の母が丹精込めて仕込みます。
詳しくは、
http://www.tomoichi-syouten.com/umesyu.htm


こちらも美味しい!!蔵元がつくるこだわりの梅酒いろいろ。酒造りのプロが造った、ちょっと贅沢な梅酒です。
清酒蔵、焼酎蔵、それぞれこだわりの梅酒を集めました。
http://www.tomoichi-syouten.com/umesake.html

カップ酒でめぐる全国一周の旅「カップ銘酒40銘柄のみくらべ頒布会」
いまカップ酒が注目を浴びています。ちょっと一口飲みたいときに、気軽さが嬉しいカップ酒。
北は旭川の男山から南は大分の西の関まで、中身の確かな美味しいカップ酒を集めてみました。
各蔵元の個性的な美味しさを楽しみつつ、ちょっとした旅行した気分になれることうけあいです。
6
月から9月の4回にわたって10銘柄づつ合計40銘柄をお届けいたします。
お申し込み締め切りは今月末までです。
カップ酒でめぐる日本一種の
http://www.tomoichi-syouten.com/cup.html


焼酎入荷状況
鹿児島大海酒造さんの大人気いも焼酎「くじらのボトル」1.8Lが若干ですが入荷いたしました。
ご存知のとおり大変入手困難なアイテムです。当店は特約店ですので定価で販売いたしております。
ご安心ください。なお早期の品切れが予想されます。どうぞお早めに。
http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm


***************************************************
 『四国発 こころときめく酒たより』
    酒舗 石川友一商店  
     799-0122  愛媛県四国中央市金田町半田乙367-1
     TEL 0896-56-3139   FAX 0896-56-3138
     E-Mail  ishikawa@tomoichi-syouten.com
     URL     http://www.tomoichi-syouten.com
***************************************************




●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●420日(木)

いつもありがとうございます。
さて早いもので、春の桜を満喫したかとおもえば時はすでにGW間近。皆様ご予定のほどはいかがですか?
当店は小売業の宿命、みなさんがお休みの時は稼ぎ時です。もちろんよろこんで開店させていただいております。
帰省や四国へご旅行の方はぜひお越しくださいませ。またネットショップのほうも通常と変わりなく営業いたしております。
どうぞよろしくお願いいたします。
さて青葉まぶしい季節に爽やかで美味しいお酒、今回はちょっとスケールが大きいですよ!!

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

当店でも数多くの熱烈ファンが支持する高知の吟醸蔵「美丈夫」蔵元の浜の鶴酒造さんから「土佐宇宙酒」がリリースされました。
ニュースでもご存知のかたも多いと思いますが、
昨年ロシアのソユーズロケットに搭載されて宇宙空間を旅した高知産酵母を用いて造られたお酒です。
世界初の試みということと、その話題に見合った高度な酒質を保つための厳しい基準をクリアーした味わいを
持っていることで発売前から酒徒大注目のお酒です。
私たちの地球をとりまく限りなく広がる大宇宙に思いを馳せて酔ってみてはいかがでしょうか?
映画を肴にするなら「2001年宇宙の旅」「ライトスタッフ」あたりがおすすめです。
http://www.tomoichi-syouten.com/bijo%20utyu.html


愛媛の銘酒「梅錦」さんから初夏の旬酒
摺りガラスの涼やかなボトルに入った「純米大吟醸 生酒」がリリースされました。
冬にしぼられた新酒を低温で保存熟成させてより爽やかさ、みずみずしさを楽しむ旬のお酒です。
蔵元直送でつめたいままお客様のもとへおとどけする夏のギフトにも対応しておりますのでぜひご活用ください。
http://www.tomoichi-syouten.com/junginnama1.htm


日本酒界の革命児 愛媛県内子町の亀岡酒造さん。長らく品切れしてご迷惑おかけいたしておりました
「お母さんのかくしざけ」が426日よりリリースされます。
日本で唯一、赤米を使って仕込まれた桃色のにごり酒です。
甘く、とろりとした独特の世界をもった味わいです。1500本の限定です。お早めにお申し付けくださいませ。
今年度から720mlも新たに発売となりました。冷蔵庫にも入るサイズですのでお勧めです。
http://www.tomoichi-syouten.com/okaasan.htm

さてかたや焼酎界の風雲児といえば宮崎県の王手門酒造さん。今回新しくラインナップに加わった
「龍霞」すでに焼酎フリークの間では発売前から噂になっていたいわくつきのアイテムです。
紅寿種の赤芋を原料に「四段仕込み」という大変手間隙をかけて造られる製法でじっくりそだてたもろみを
減圧蒸留したいも焼酎です。赤芋特有の甘く濃厚な味わいが口の中でいっぱいに広がります。
やわらかく丸みを帯びたふっくらとした旨みが感じられて非常に充実感を感じさせる仕上がりとなっています。
これからはロックが美味しい季節ですね。ぜひお楽しみください。
http://www.tomoichi-syouten.com/ginteki.htm

首を長くしてお待ちの方もたくさんいらっしゃると思います。約2年ぶりのいも焼酎が入荷です。
あの「魔王」を世に送り出した前村杜氏が醸しだす限定品鹿児島・東酒造さんの「豪放磊落(ごうほうらいらく)」が待望の入荷です。
少量のかめ仕込みで造られたもろみを杉の木桶で蒸留させるというとてもユニークな製法をもって造られています。
より成熟させてお届けしたいという意向から、熟成に2年要しますので品切れ中の期間がどうしても長くなってしまいます。
しかしこの充実感と重厚感を味わってください。きっとご納得いただけると思います。

今回はある程度の余裕を持っておりますが、出来ましたらお早目のご予約をお願いいたします。
http://www.tomoichi-syouten.com/kaze.htm

***************************************************
 『四国発 こころときめく酒たより』
    酒舗 石川友一商店  
     799-0122  愛媛県四国中央市金田町半田乙367-1
     TEL 0896-56-3139   FAX 0896-56-3138
     E-Mail  ishikawa@tomoichi-syouten.com
     URL     http://www.tomoichi-syouten.com
***************************************************




●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●39日(木)
いつもありがとうございます。
いつのまにかだんだん日が長くなってきて春の訪れを間近に感じる季節になりました。

そして球春はすでに到来しています。プロ・アマ問わず野球大好き人間の私はこの時期は
とてもワクワクしてしまします。先日のWBCの一次予選はなかなか見ごたえがありました。
韓国戦では残念ながら逆転負けを喫してしまいましたが、ペナントレースでは絶対にみられない
試合後のベンチで放心したように虚空をみつめる選手たちの姿に、
国家を背負って戦っている悲壮感とプライドみたいなものを感じてしまいました。
アメリカでの二次予選が12日から始まります。がんばれ王JAPAN!!
トリノ五輪にひきつづきまた寝不足になりそうです。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○
<高知・田野町の吟醸蔵「美丈夫」を醸す浜川酒造さんから淡き春の旬酒2点リリースです。>

・美丈夫 純米吟醸「舞」うすにごり生酒

毎年春先に蔵出しされる限定品です。松山三井米を50%精米したもろみを粗いフィルターにかけてしぼっているため
うっすらとオリが漂っています。まだビン中で酵母が活動していて、炭酸ガスをふくんだ珍しい発泡性のお酒です。
前回ご案内しました吟醸「麗」うすにごり生酒にくらべると純米つくりのせいか味わいに幅があり、
口中ではじける爽やかさ、ふくらむ豊かな味わい、旨みをたのしめます。
全体を引き締める切れと清涼感がシャープな印象を与えています。
桜咲く春にぜひおすすめしたい一本です。
http://www.tomoichi-syouten.com/bijo.htm

・美丈夫 吟醸「麗」中取

「中取」とはあらばしりの後にでてくるより純粋な部分のこと
その「中取り」の部分だけをつめたお酒です。ひとつのタンクから取れる本数はわずか1000本。
ライチやぶどうを口に含んだときに感じるまろみのあるフルーツフレーバーが感じられます。
滑らかな透明感のある辛口に仕上がっています。
http://www.tomoichi-syouten.com/bijo.htm


<赤芋ファンのかたがた大変お待たせしました。>

・「明るい農村」赤芋仕込み

毎回大変な反響を呼んでいる さつま霧島蒸留所さんの「明るい農村 赤芋仕込み」が3月下旬より出荷されます。
年に数回しか蔵出しがなく、ファンのかたがたには大変ご迷惑おかけいたします。
綾紫という生産数が限られている赤芋を原料に造られたこのいも焼酎。
前回の蒸留したてを熟成させて、よりボリュームアップした特有のフルーツ香、強い甘みが特徴です。
予約分を承っています。お届けは3月下旬からの予定です。お早めにお申し付けくださいませ。
http://www.tomoichi-syouten.com/okukirishima.html

・「須木紫」赤芋仕込み

こちらも待望の再リリースです。
年間生産石数わずか二万本という小さな蔵元、すき酒造さんの限定醸造「須木紫」がリリースされました。
今回から1.8Lも瓶詰めしていただけるようになりました。
紅芋は多品種に比べると、長期の熟成期間が必要となります。
また香りが華やかで、ワインのように風味豊かで甘みが凝縮した味わいになります。
http://www.tomoichi-syouten.com/souiti.html

***************************************************
 『四国発 こころときめく酒だより』
    酒舗 石川友一商店  
     799-0122  愛媛県四国中央市金田町半田乙367-1
     TEL 0896-56-3139   FAX 0896-56-3138
     E-Mail  ishikawa@tomoichi-syouten.com
     URL     http://www.tomoichi-syouten.com
***************************************************


●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●125日(水)

寒中お見舞い申し上げます。
いつもありがとうございます。
南国四国も一年で一番寒い時期を迎えています。
大雪被害に見舞われている地域のかたがたには本当にお見舞い申し上げます。

酒蔵のなかは外気の寒さとはうらはらに一年の中でもっともホットであわただしい時期を迎えています。
吟醸酒の造りがいまピークです。
「ハングリーの芸術」とも呼ばれる吟醸酒つくりは高精白の酒米を用い、低温発酵により
繊細で香り高いもろみを約30日にわたって育て上げることによってあのすばらしい芳香と透明感の高い
味わいを実現させるわけです。その間細心の注意と精神力が造り手に要求され、
ほぼ不眠不休で微生物たちとのせめぎあいが連日つづきます。
そんな造り手たちのスピリットを感じられるお酒を皆様にお伝えしたいとおもいます。


毎年好評をいただいております、梅錦さんの立春朝しぼり、そしてあのプレミア美焼酎のご案内です。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

梅錦(愛媛・四国中央)さん立春の日恒例の「立春朝搾り」予約承り開始です。

今年で4回目の蔵出しです。すでに酒通の間では一年のなかの一大事!!
「梅錦 立春朝しぼり」のリリースが迫ってまいりました。
2
4日(土)立春の日の早朝しぼりあがった純米吟醸生原酒をなんとその日のうちに発送いたします。
本来なら蔵元でしか味わえなかった野性味あふれる文字通りの生まれたて生酒。
キラキラと薄緑色に輝く冬の旬酒です。
締め切りは今月いっぱい131日までとさせていただきます。
受注本数しかビン詰めしておりません。お早めにお申し付け下さい。

<お酒のスペック>
麹米 山田錦(兵庫県産)50%    掛米 玉栄(滋賀県産)55%
酒度 +4  酸度 1.4(予定)
・梅錦 立春朝しぼり 純米吟醸生原酒  720ml  ¥1575(税込)
http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun.htm



土佐の侠酒(おとこさけ)「美丈夫」さんもすばらしいしぼりたてをリリースしてきました!!
「美丈夫 吟醸 麗うすにごり生酒」吟醸もろみをあらごししてしぼった、うすにごりの新酒です。
うっすらと霞がかかったようににごっています。まだビン内で酵素が活動しており、発泡性がある、いわば和製シャンパン。
蔵特有の吟醸香、フルーティーでキュートな辛口の味わいが口の中で元気いっぱいにスパークします。
蔵元さんいわく、「ビールに対抗できる食中酒としての新しいカテゴリーの日本酒」です。
確かに切れのいい辛口のテイストは料理の味わいを邪魔せずきれいに洗い流してくれ、お料理を美味しく引き立てそうです。

2006 美丈夫「麗」吟醸うすにごり生酒  1.8L 2342円  720ml 1222円(税込)
http://www.tomoichi-syouten.com/bijo.htm



 ★「千代の亀 名称募集 純米大吟醸にごり酒」次回は2月下旬からの発売です。ご予約承り開始です。現在品切れ中で大変ご迷惑をおかけいたしております、「千代の亀 名称募集 純米大吟醸にごり酒」でございますが、次回の入荷が2月下旬となっております。大変お待たせいたしまして申し訳ございません。すでにご注文をいただいている方から順次発送させていただきます。生産数が限られておりますので出来ましたらお早めにご予約くださいませ。フレッシュでフルーティーな香りを漂わせる度数14%のまろやかな誘惑はまさに「甘く危険な」味わい。4年前の衝撃のデビュー以来多くのリピーターを生んでいます。・千代の亀 名称募集 純米大吟醸にごり酒 1.0L  2770円(税込)http://www.tomoichi-syouten.com/mituzo.htm



さて真冬には、はるか北の海からやってくるものが2つあります。ひとつはロシア・アムール川から流れてくる流氷です。学生のころ、突発的に「よし流氷を見よう!!」と厳寒のオホーツクを訪ね、漠々とした白い世界にしばしボーゼン。文字通り言葉を失ってしまいました。今年は例年にまして寒い冬のせいか例年よりもはやく着岸しそうですね。いまごろどんな風景なんでしょうか?そしてもうひとつの訪問者はぐ〜んと南に下って沖縄・慶良間列島にはるか遠くアラスカから、繁殖や子育てのために戻ってくるクジラたちです。いつもダイビングでお世話になっている沖縄リゾートさん(http://www14.plala.or.jp/okinawa_resort/)によるともうすでに座間味島近辺では多くのクジラたちが里帰りしているもようです。オーナーが話す、クジラたちの涙なくしては聞けない熱いストーリーにとうとう、初めて冬の座間味を訪れることになりました。待っててやクジラくんたち。。。さてながらくお付き合いいただき誠にありがとうございます。クジラといえばあのいも焼酎を思い出す方もおおいんじゃないでしょうか?品薄で大変ご迷惑おかけいたしております、大海酒造さんの「くじらのボトル」。クジラが帰ってくる季節にぜひ!!ということで少しだけですがストックしておきました。いわずもがなのこのアイテム。一部では法外な価格で流通しておりますが当店では定価で販売させていただいております。できるだけ多くの方に味わっていただきたいためにお一人様につき1.8Lは1本、720mlは3本のご注文までとさせていただきます。720mlのビンつめが若干遅れておりまして2月初旬のおとどけとなります。できましたら他銘柄の焼酎もあわせてお買い求めいただけたらありがたく思います。どうぞご理解、ご協力お願いいたします。なお早期の売り切れが予想されます。品切れの際にはどうぞご容赦くださいませ。http://www.tomoichi-

●●●●●四国発こころときめく酒たより ●●●●●●●1222日(木)
いつもありがとうございます。
今年も残すところあと10日を切りました。
例年にない厳しい寒さの年の暮れ、どうぞみなさまお体にはお気をつけておすごしください。

年内お届け最終〆切のお知らせです。
四国、九州、中国、北陸、関東、甲信越は1228日中、東北、北海道、沖縄は1226日中にお願いいたします。
なお積雪での配達遅延も考えられますのでできましたらお早目のご注文をお願いいたします。
実店舗は1231日午後9時まで営業いたしております。ご来店おまちいたしております。


今年も数多くの出会いに恵まれてすばらしい一年を送ることができました。
心よりありがたくおもいます。どうもありがとうございました。
皆様にとって2006年はどんな年でしたか?
         
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

大切な人へのお酒は贈ったけれど。。そういえば年末年始に飲む酒を忘れていた!!って人いませんか?
そんな人におすすめの冬の旬酒「初しぼり生酒」続々入荷しています。
今年の寒さはかなりキツいですね。でもお酒造りにはこれ以上ないコンディションです。

どの蔵もすばらしい新酒ができあがっています。特におすすめの美酒をご紹介いたします。
http://www.tomoichi-syouten.com/shiboritate.html


●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●1129日(火)
いつもありがとうございます。
今年も残すところあと一ヶ月。暖かな初冬ですが間違いなく師走は目の前!!
これから当店は仕事&プライベートでイベント、行事が目白押しで怒涛の毎日が始まります。
今晩は嵐の前静けさって感じで、この季節によく合うM・デイビスをBGMにメルマガを書いています。
この人の演奏には何人にも迫ることのできない孤高の境地を感じます。
凍りつくような緊張感と爆発力に久しぶりに戦慄してしまいました。
さてかたや酒造界のカリスマプレイヤー、山根福平氏がつくる今年初めての新酒もリリース間近。
こだわりのギフトも勢ぞろいで冬の美味しさ満載です。
どうぞよろしくおねがいいたします。
         
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

年末年始のギフトにはこだわりのお酒、焼酎、食品をおすすめします。
お世話になった方にちょっとこだわりの贈り物。
「おいしさ」「たのしさ」「健康」をキーワードにオリジナリティーあふれるギフトをたくさんそろえました。
お歳暮期間中はラッピング料金をサービスさせていただきます。
ぜひこの機会にご利用くださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/gift.htm


梅錦 冬のヌーヴォー「蔵開」吟醸しぼりたて生原酒 1215日から出荷いたします。


そろそろ身にしみてきた初冬の寒さのなか梅錦さんの蔵からは早朝から米を蒸す蒸気が白く立ち上っています。
吟醸つくりが始まりました。冬の定番「蔵開」吟醸しぼりたて生原酒の誕生までもう少し。今年のできはいかがでしょうか?
フレッシュ&フルーティー、生まれたてのはつらつとした味わいを原酒のままビンつめします。
蔵の空気を感じることのできる旬の酒。梅錦「蔵開」1215日から出荷いたします。
http://www.tomoichi-syouten.com/kurabiraki.htm

梅錦さんの期間限定品「究極の酒」「幻味」本年度の出荷が始まりました。
山田錦30%精米の大吟醸「究極の酒」 松山三井米25%精米の純米大吟醸「幻味」。

いずれも杜氏、蔵人たちの魂がこめられたこれ以上の贅沢は求められないまさに酒の芸術品です。
特別な方への贈り物にいかがですか?
http://www.tomoichi-syouten.com/umeitiran.htm


焼酎入荷情報
<いずれも限定品です。先着順とさせていただきます。品切れの際にはご容赦くださいませ。
も品切れでお届けできなかったお客様には次回の入荷の際には優先的にご案内させていただきます。>

無頼派焼酎蔵、宮崎県の王手門酒造さんがつくる問題作「銀滴 復刻版」。

第一回入荷分は大変な反響のもとおかげさまをもちまして完売いたしました。
今年最初の銀滴は非常にバランスが取れて滑らかな甘みがありましたね。
しかし先日1118日に蒸留分の「銀滴 復刻版はちょっとばかり話が違います。
蒸留したて本来の野武士を思わせる野性味を発散させています。
力強くワイルド。いも本来の旨みがほとばしる刺激的な仕上がりになっています。
今回30本のみの入荷です。出荷は125日ころより開始します。
どうぞお早めにお申し付けください。
http://www.tomoichi-syouten.com/imoshinsyu.html


赤いもファンの皆様お待たせしました。

いまやプレミアアイテム鹿児島・霧島町蒸留所「明るい農村」の限定出荷、
「明るい農村 赤芋仕込み 蒸留したて」がわずかですがいただけることになりました。

お届けは1210日すぎとなります。
赤芋特有の濃厚なフルーツ香が漂う個性的な味わいに仕上がっているとのことです。
どうぞお早めにお申し付けくださいませ。
http://www.tomoichi-syouten.com/okukirishima.html


ご存知大海酒造さんから。「くじらのボトル新焼酎」を30本確保いたしました。

通称縦くじら。クジラがブリーチングしているような絵柄です。
文字通りクジラの優しさ、強さをかんじるような暖かな旨みがあり、お湯割りにするとなんだか
海に抱かれているような不思議な安心感を感じます。
「海」を愛するすべての人にぜひ飲んでもらいたい一本です。
こちらも瞬間品切れ必至です。お早めにどうぞ。
こちらはすぐ出荷可能です。
http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm


蛇足:

沖縄・ケラマ諸島にクジラが帰ってくる季節が近づきました。
毎年アラスカからはるか遠く離れたこの島々に迷うことなく毎年帰ってくるなんて驚きですね。
海中に響く彼らのソング。聞いてみたくないですか?
永年クジラとつきあってきた座間味島のカリスマガイド村田氏のHPです。
http://www14.plala.or.jp/okinawa_resort/index2.html

●●●●●四国かわのえからの酒たより ●●●●●●●1029日(土)
いつもありがとうございます。いよいよ11月。
メジャーもプロ野球もペナントレースが終わり我が家のチャンネル権は子供たちへ。
野球命の私は仕事後は退屈な夜をすごす事になり
結果、TSUTAYAで映画ソフトを物色パソコンで鑑賞という秋の夜長です。
晩秋ならではのしっとりとした名画を熟成したひやおろしをすこし燗して楽しめる
一人の時間がなかなか貴重だったりします。
皆さまは最近いい映画みましたか?

さて今年は暖かな秋が影響して紅葉は少し遅くなりそうですね。
再来週、京都へ行く予定がありますが古都は果たして赤く燃えているでしょうか?
大好きな東山の名刹東福寺へ久しぶりに行こうと思っています。
          
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

当店オリジナル梅錦「美海(うましうみ)」純米吟醸 秋蔵出熟成酒11月10日(月)よりリリース!
例年にくらべ熟成期間を長めに取りましたため出荷が遅れまして大変申し訳ございませんでした。
お待ちかね、当店オリジナルの限定醸造 梅錦「美海(うましうみ)」純米吟醸 秋蔵出熟成酒を
11月10日より出荷いたします。
麹米に播州山田錦 (精米55%)と 掛米に広島八反(精米58%)を用いて
大吟醸用の小さなタンクですべて手づくりされた限定醸造品です。

冬に搾られた際の新酒のときには非常にシャープでクールな表情でしたが
春夏と時を経て心地よいふくらみと余韻が感じられます。
美海のもっとも大きな特徴とも言えるりんごやマスカットのような新鮮な果実香はもちろん健在。
2005年の秋もすばらしい成長を遂げてより美しいお酒になっています。
秋の旬といっしょにぜひお楽しみください。少量生産ゆえにお早めにお申し付けください。

http://www.tomoichi-syouten.com/umashihiya.htm


いも焼酎のヌーヴォーが勢ぞろいしました。
早速味わっていただいた方からは「今年の出来はいいねえ」とお褒めいただいております。
人気のいも焼酎霧島町蒸留所の「明るい農村」の新焼酎も入荷してまいりました。
いよいよお湯割の季節です。割り水にもこだわってより美味しく召し上がってください。


季節限定品につき品切れの際にはご容赦くださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/imoshinsyu.html

いよいよ2005ボージョレーヌーヴォーの解禁まであと2週間余りとなってきました。
ワインラヴァースお待ちかねの解禁日は11月17日(木)。
ボージョレーヌーヴォーがきっかけでワイン好きになった方もおおくて、実に楽しみなイベントですね。
当店では小規模生産でこだわりのワインつくりをされている生産者をセレクトして一味ちがうヌーヴォーを
ご提案します。予定量に達し次第終売とさせていただきます。どうぞお早めにおもうしつけください。
http://www.tomoichi-syouten.com/beaujolais.htm


●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●1010日(月)
いつもありがとうございます。
連休はいかがお過ごしでしたか?秋の色が日増しに濃くなるこのころ。
愛媛は今秋祭りの真っ最中。男気全開、血沸き肉踊るアドレナリン噴出型の祭りばかりで、熱い熱い季節なのです。
盆正月は帰省しなくても祭りには帰ってくる都会に出た人たちも多く大賑わいです。
当地四国中央市も今週木曜日から熱血の3日間が始まります。
祭りといえばやっぱりお酒。夜も長くなり美酒的環境は申し分なし!!
深まる秋に美味しい熟成の美酒&生まれたてのいも焼酎のご案内です。
      
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

徳島の男酒「芳水」さんから秋の旬酒飲み比べ 山田錦と雄町で仕込んだ特別純米酒ひやおろしが入荷しました。

当店のある四国中央市から東へ車で約40分。
徳島県三好郡井川町の芳水酒造さんは吉野川を見下ろす丘の中腹に張り付くようににて蔵が立っています。
今朝いきなり開店直後にやってきた芳水蔵元当主、馬場社長が秋の旬酒を届けてくれました。
この馬場社長、いったいいつ休んでいるんだろうと思うほどの精力家で、それに加え3年前から招聘された但馬杜氏・高垣さんは
全国の酒徒のド肝を抜いた美酒蔵、兵庫県の「奥播磨」を世に出した指折りの名杜氏です。
この2人のコンビによる山田錦と雄町米(これまた酒米の両横綱!!)の特別純米を本日よりリリースしています。
早速私もテイスティングさせていただきました。コメントは以下のとおりです。
いずれも流石!!とため息が出るような秋の旬酒です。すこしだけ贅沢な晩酌酒として自信をもっておすすめします。

・・・・私のテイスティングコメントです。・・・・・
<特別純米ひやおろし山田錦>
熟したフルーツ香が穏やかに漂う。見事に熟成しながらもジューシーでフルーティー。

アスリートの筋肉美や躍動感を感じる芳水さん得意のボディーフルな味吟醸タイプ。
<特別純米ひやおろし雄町>
蒸した栗のようなナチュラルでほんわかとした甘い香り。口のなかで静かにひろがり、静かな余韻。
まったりとした旨み。燗をすると乳酸のまろやかさがより強調されていつまでもこの酔いに漂っていたいと思わせる旨みがあふれ出す。

http://www.tomoichi-syouten.com/housuihiya.htm


首を長くしてお待ちいただいておりました、いも焼酎ファンの皆様大変お待たせいたしまして申し訳ございません。
王手門酒造さん年に一度の問題傑作「銀滴 復刻版」が入荷しました。
この焼酎は当蔵が時期限定で出荷する無濾過の新焼酎です。
フィルターにかけないためにうっすらとにごりを帯びて、蒸留したときのコンディションに限りなく近く、
まさに「蔵でしかのめなかった」味わいです。つくりの丁寧さがあってこその美焼酎、

毎年仕上がった味わいが違います。猛々しく攻撃的な味わいの昨年とは打って変わって

今年の仕上がりは非常にジェントルでまろやか。もちろんフレッシュな味わいも十二分に堪能できました。
まずはそのままでなめるようにして味わってください。新たないも焼酎への扉が開く一本になろうかとおもいます。
限定品につきお早めにどうぞ。

http://www.tomoichi-syouten.com/ginteki.htm


こちらも銀滴に負けていません。いも焼酎のヌーヴォーの入荷がはじまってきました。

プレミア必至のアイテムも新焼酎を今年初めてリリースします。どうぞお楽しみに。

http://www.tomoichi-syouten.com/imoshinsyu.html


●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●98日(木)
いつもありがとうございます。
台風14号は各地に大きな被害をもたらしてオホーツクへと抜けて行きました。
被害にあわれました地区のかたがたには心よりお見舞い申し上げます。
昨年当店のある四国中央市も度重なる台風の襲来で大変な被害をうけているだけに
他人事とは思えません。 どうぞ一刻も早い復旧をお祈りいたしております。

さてこちらではそろそろ秋祭りの準備で町内がそわそわムードとなってきました。
祭りにはやっぱり日本酒が定番。というわけで今回は秋に美味しい熟成酒「ひやおろし」と

限定いも焼酎、そして晩秋の主役ボジョレーヌーヴォーのご案内。
いもたき、お月見、そして秋祭り。豊穣の秋に相応しい旨酒の数々をお楽しみ下さい。         

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

梅錦 秋の旬酒「山川」純米吟醸ひやおろし 9月22日より出荷いたします。

冬にしぼられた新酒を春、夏と蔵のなかで静かに眠らせ、よりまろやかに
おいしく成長したころに蔵出しされる「ひやおろし」。
愛媛の銘酒蔵「梅錦」さんが、幻の酒米とよばれる「雄町米」を100%使用して
より熟成感があり、のみごたえのある「山川 純米吟醸ひやおろし」を9月22日より蔵出しします。
梅錦さん本来の柔らかな甘みと旨みが料理を引き立てて秋の美味を演出します。
http://www.tomoichi-syouten.com/yamakawa%20hiya.html


いまやレアアイテム鹿児島県 霧島町蒸留所さん「明るい農村」シリーズに
赤芋で仕込んだ「明るい農村 赤芋仕込み」が限定出荷されます。
収穫量が非常に少ないいものために、当店入荷量はごくわずかです。
紅いも特有のあの濃厚さ、フルーティーさに魅せられている方は必飲の1本です。
お早めにどうぞ。
http://www.tomoichi-syouten.com/okukirishima.html

2005年の出来栄えはいかに?今年の解禁は11月17日(木)
ボジョレーヌーヴォー予約開始いたします。
今年も味わいにこだわる弊店は小規模生産者のつくる個性際立つヌーヴォーだけを
セレクトしております。一味も二味もちがうフレッシュな味わいをぜひ。
いずれも生産本数が少ないためお早めにご予約願います。
http://www.tomoichi-syouten.com/beaujolais.htm

●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●79日(土)
いつもありがとうございます。
こちら四国は空梅雨=大渇水・・・?とおもいきや雨続き。
今日も大雨を予感させる山からの風が吹いています。
なんだかよくわからない今年の梅雨シーズンですが、
何事もない事を祈るばかりです。
今回は日本酒といも焼酎、年に一度だけの「贈りもの」のご紹介です。
          
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

毎年恒例、24日の立春の日早朝にしぼった「立春朝搾り」を半年間静かに熟成させた
梅錦さんの夏の旬酒「立春からの贈りもの2005年 純米吟醸」711日(月)よりリリースです。
先日77日七夕の日に梅錦さんの貯蔵蔵へいってまいりました。
石の口地区とよばれる石の口地区は人家もまばらでかつては平家の落人の集落があった山里です。
深い緑のなかお酒をじっくりと育てるには最高の環境のなか飛び切りすばらしい熟成を遂げたお酒を
ご紹介いたします。夏のギフトにも対応しております。どうぞご利用くださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/rissyunkara.htm


いも焼酎「海」「くじらのボトル」「海王」で鳴らす鹿児島鹿屋の大海酒造さんが年に一度だけ海の日にリリースする
「海からの贈りもの」の2004年製造分の出荷日が近づいてまいりました。
大牟禮杜氏がその年毎にテーマを掲げ、細心の配慮をもってつくりあげる限定のいも焼酎です。
ですから年ごとに違った味わいの主張があります。さて今年は愛飲かにどう語りかけてくるのでしょうか?
7
18日以降の出荷となります。今回は720ml 36本のみの入荷となります。お一人様3本までとさせていただきます。
早期の品切れが予想されます。品切れの際はどうぞご容赦くださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/umikara.htm

●●●●●四国発 こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●2005622日(水)

いつもありがとうございます。
暑い日がつづきます。今年は空梅雨の気配です。
弊店のある四国中央市は四国山脈を背に構え、
水は豊富なところですが、今年はすでに取水制限にはいっています。
平成6年に同じく愛媛の松山を苦しめた大渇水を思い浮かべます。
いつもあたりまえのようにあるものがなくなってしまう恐怖の再現はこりごりですね。

そろそろ恵みの雨がほしい6月の終わり。
日常の業務&PTA活動の間隙を縫い、ジミヘンをBGMに一気にメルマガ完成です。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

ご愛飲いただいております石川酒造場さんの「泡盛百年酢」でございますが、
例年6月から9月ころまでは商品の供給が滞ってしまい大変ご迷惑をおかけいたしております。
当店ではできうる限り本数を確保しておりますが需要が急増する夏場はおとどけが遅くなってしまします。
6
22日現在在庫は十分ございますが、できましたらご注文はお早めに、余裕をもってお願いいたします。

http://www.tomoichi-syouten.com/awamorihyakunenn.htm


夏のギフトにはこだわりのお酒、焼酎、食品をおすすめします。
お世話になった方にちょっとこだわりの贈り物。
「おいしさ」「たのしさ」「健康」をキーワードにオリジナリティーあふれるギフトをたくさんそろえました。
お中元期間はラッピング料金をサービスさせていただきます。
ぜひこの機会にご利用くださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/natugift.htm

毎年好評をいただいております。毎年2月立春の日の朝に搾った「立春朝搾り」を
5ヶ月間、山間の静かな貯蔵蔵で寝かせて成長したその名も「立春からのおくりもの」を

7
10日頃よりリリースします。時の経過とともに移り行く熟成美酒の妙をぜひ。ギフト対応も可能です。

http://www.tomoichi-syouten.com/rissyunkara.htm

梅錦さんが5月に行われた全国新酒鑑評会で今年も金賞を受賞しました。
その際に出品された大吟醸の斗ビン取りを特別につめてもらいました。
本来なら門外不出のお酒です。これ以上は求められない贅沢さをご堪能ください。
残りわずかです。お早めにお申し付けくださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/kinsyou.html

毎度おなじみ、梅錦さんから夏の旬酒「純生大吟生」蔵元直送のお知らせです。
やっぱり日本の夏の晩酌はきりっと冷えた生酒で粋にやりたいものです。
きりりと引き締まったシャープな辛口のなかに梅錦さん特有の滑らかな旨みを後口に感じます。
蔵元から直接、保冷ケースで冷たいままで先方様にお届けいたします。
夏の贈り物にぜひお勧めいたします。

http://www.tomoichi-syouten.com/junginnama1.htm


宮崎県日南市の焼酎蔵 王手門酒造さんから、小売店選抜の限定商品をいただける運びとなりました。
先日この蔵の営業の白石さんとお話しする機会に恵まれました。自社製品にたいしての愛情、理解度そして商品コンセプト
の明確さにとても深い感銘をうけました。常識にとらわれない革新的な造り。各アイテムにはっきりとした主張があって
いずれもすばらしい美焼酎です。生産量が限られているため、ご迷惑をおかけいたす事になるかもしれません。
この革新的焼酎群は焼酎ファンはもとよりビギナー、女性のかたにも自信をもっておすすめいたします。
優れたルックスですので贈り物にも喜ばれると思います。

いも焼酎 http://www.tomoichi-syouten.com/ginteki.htm

麦焼酎 http://www.tomoichi-syouten.com/kakushikura.htm

●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●427日(木)
いつもありがとうございます。青葉が目に眩しい季節を迎えました。明日から待望のGW。皆様ご予定はいかがですか?

四国へご旅行、帰省の際にはぜひともお立ち寄りください。

GW中は実店舗、ネット店舗ともに通常通り営業いたします。配送も通常通り行っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さてご存知のとおり先日松山で行われたヤクルトVS広島戦で古田選手が2000本安打を達成しました。

年間数えるほどしか公式戦がない松山で幸運にもその偉業の瞬間に立ち会うことが出来ました。

類まれなポテンシャルをもったプレイヤーとして、またプロ野球を救ったネゴシエーターとして尊敬の念に堪えません。

本当におめでとうございます。この興奮と感動を伝えるためにブログを新たに作成いたしました。

よろしければ御笑覧ください。コメントなどいただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。

http://blog.livedoor.jp/minami03731/#top

 

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○


梅錦さんの蔵のなかで30年眠りについていた焼酎がリリースされました。

昭和49年に生産され梅錦さんの蔵元で眠っていた粕取焼酎が30年の年月を経て日の目を見ることとなりました。
伝説の但馬杜氏 阿瀬鷹治氏が伝統的な兜釜蒸留器を用いて蒸留したものです。
当時は蒸気を効率的に通すために、酒粕に籾殻を混ぜ、
それをせいろで蒸して、その蒸気を集めて蒸留するといった大変手間隙のかかる製法です。
気の遠くなるような年月をへた味わいは籾からくる独特の香ばしさが印象的で、

複雑に味わいが絡み合ったなんともいえない独特の風味があります。、

ブラインドで味わうとブランデー、コニャック、それともマディラの古酒?とても粕取り焼酎には思えません。

ちょっと贅沢な味わいをぜひどうぞ。
http://www.tomoichi-syouten.com/umesyoutu.htm


至極の青梅と本格焼酎で造る「究極の梅酒つくり」。今年もホンモノに迫ります。
今静かにブレイクの時を待っている「梅酒」。清酒、焼酎メーカーも良質の製品を多くリリースしています。

しかし当店のこだわりは「マイ梅酒」。自分でつくってこそ愛着がわくというもの。

おいしくて体に優しい自分だけの梅酒つくりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

和歌山・南部でもっともいい仕事をなされている梅農家の一人
滝川さんの青梅と本格焼酎で造る「究極の梅酒つくり」を今年もご提案いたします。
まるで桃のように皮が薄く、肉厚の甘い香りを放つ、驚きの果実には
高純度のクエン酸を含み、疲労回復、夏バテ解消、血をサラサラにする作用、
整腸作用、動脈硬化などに効果があり、健康飲料としても昔から愛飲されてきた「梅
酒」。もちろん梅漬、梅紫蘇漬にしても最高級のものが仕上がります。
やってみたいけど、時間がない・・・という方には
当店の梅酒造り暦25年の母が丹精込めて仕込みます。
詳しくは、

http://www.tomoichi-syouten.com/umesyu.htm


愛媛県内子の小さな蔵元・亀岡酒造さんに無理をいって造ってもらった超少量仕込みのお酒が入荷しました。

 

昨年より当店オリジナルとして発売させていただいております。「蒼茫(そうぼう)」純米大吟醸生原酒です。

酒母を育てる小さなタンクを用いて、純米大吟醸を仕込んでもらいました。製造本数はわずかに1,8Lにして

40本程度。昨年に比べましてやや辛口、のど越しで心地のいい苦味を感じます。

小さな仕込だから実現できた旨みと繊細さのニュアンスに富んだ味わいに仕上がっています。

 

http://www.tomoichi-syouten.com/sobo.htm



「お母さんのもろみ酒」改め「お母さんのかくしさけ」純米大吟醸新酒が入荷しました。

酒造界のサルバトーレ ダリ、鬼才亀岡徹社長が昨年リリースして大反響を呼んだ、

前代未聞の薄紅色のにごり酒が名称を「お母さんのかくし酒」として本年度新酒が入荷しました。。

五十崎町みそぎ地区の赤米を用いて仕込んだやわらかな酸味ととろりとした旨味が溶け合い

これまでに体験した事の無いようなキュートな味わいにしあがっています。

また今年から500mlも新たに発売となりました。透明ビンに入っています。

ラッピングで素敵なプレゼント用になります。

 

http://www.tomoichi-syouten.com/okaasan.htm

●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●329日(火)
いつもありがとうございます。
3
月ものこりわずか。先週我が家の長女美海が小学校を卒業しました。
もともと涙腺の弱い私ゆえちょっとヤバいかも・・・と恐る恐る出席しました。
ところが私のまわり近所のお母さんたちの包囲網、式も大詰め、押し寄せる感慨。
しかし「男子たるもの人様の前で涙など言語道断なり」と妙なところで古風な私。
きっとそのときの私の表情はなんともこっけいなものになっていた事でしょう。
元来引っ込み思案の美海がスポーツを通じてたくましく成長したあっという間の6年間。

彼女いわく、点数をつければ「150点!!」何とか子育ての第一段階が終わってホッとしています。

さて愛媛の宇和島では今日桜が開花しました!!
待ち遠しかった春がようやくやってきました。またしてもお酒がおいしい季節到来です。

今回は心酔わせる焼酎特集です。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

愛媛の銘醸梅錦さんから日本でも数少ない小麦を原料にした小麦焼酎「一遍」がリリースされました。
小麦特有の甘い風味が香り高く漂います。ふっくらとボリュームある味わいがあるタイプですので
焼酎マニアにもぜひ楽しんでいただきたい一本です。生産量が限られており当店の割り当て本数がのこり
60
本を切りました。お早めにお申し付け下さいませ。
http://www.tomoichi-syouten.com/ippen.html

焼酎新着&品薄商品入荷状況

・赤霧島(宮崎県・都城市
いまもっとも手に入れにくいレアいも焼酎ともいえる通称「アカキリ」が少しですが入荷しました。
一部では度を越えたプレミア価格で流通していますが、当店ではもちろん定価でご提供いたします。
出来るだけ多くの方にお召し上がりいただきたく、ご注文はお一人様一本とさせていただきます。
瞬間品切れになる事が予想されます。その際にはどうぞご容赦くださいませ。
また出来ましたら他の商品を何点かお買い上げいただけたら幸いです。無理をもうしまして申し訳ございません。
http://www.tomoichi-syouten.com/akakiri.html

・「海」「くじら」でおなじみの大海酒造さんのいも焼酎「さつまの海」「一番雫」「特選黒麹」「黒麹」「さつま大海」
「海からの贈り物2002」が再入荷です。いずれも造りの丁寧さと水の良さを感じるラインナップ。こちらもお早めに。
http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm

宮崎県須木村の小さな蔵元がつくる手造りのいも焼酎「宗一郎」。6本だけ入荷しました。
http://www.tomoichi-syouten.com/souiti.html

「富の宝山」でおなじみ。あの西酒造さんから金柑(きんかん)のリキュールが発売になりました。
鹿児島県吹上のいも焼酎蔵西酒造さんが仕込んだ焼酎に地元産の金柑を5年間漬け込んで熟成させた
5年熟成金柑酒」がリリースです。フルーティーにして濃厚な甘みと熟成で非常にリッチな飲み口になっています。
http://www.tomoichi-syouten.com/kinkan.html

全国に沢山のファンをもつ四国徳島名産「すだち」のお酒に新しく
「すだち酎辛口」が仲間入り。各アイテムともケース単位で送料サービス実施中です。


http://www.tomoichi-syouten.com/sudati.htm

花粉症に悩まされていませんか?多くの方があのつらさから解放されています。
春にむけてボディーラインが気になるかたもぜひお試し下さい。
「もっときれいに。もっと元気に」へのお手伝いです。

「もろみ酢&百年酢」
http://www.tomoichi-syouten.com/awamorihyakunenn.htm

「梅果紫蘇」
http://www.tomoichi-syouten.com/baikashiso.htm


●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●211日(金)
いつもありがとうございます。
相変わらずの寒さの中、うちの畑の中に植えている梅の花が咲き始めています。
冬色の枯れた光景のなかの鮮烈な紅色は寒さや哀しみへのレジスタンスなのか?
とても力強い意思を感じてしまいます。
日常の忙しさの中で見落としがちになる自然のサインを感じる時間もつくってみませんか?

さて24日立春の日、恒例の梅錦さんでの立春朝搾りのイベントに参加してきました。

まだ夜の空け切らないうちから、新酒の誕生を見守っていました。
今年は年明けから寒さが厳しく、吟醸酒造りには絶好のコンディションが続いています。

静かにゆっくりともろみが低温発酵で進行し、今年の「立春朝しぼり 純米吟醸」は
非常にフルーツ香が高く芳醇にしてすっと切れる完成度の高いお酒として誕生しました。

利き酒したとたん「これはイケる!!」と直感。
当日お越しいただいたお客様の反応は上々でその後もリピートのお問い合わせが相次ぎ、

予定分300本が翌日には完売いたしました。
そこで熱いリクエストにお応えしまして特別に梅錦さんの緊急用の在庫を60本だけ確保いたしました。
生まれたての新酒の感動をもう一度お伝えいたします。どうぞお早めにお申し付けくださいませ。
<お酒のスペック>
松山三井(愛媛県産) 58%精米
梅錦 立春朝しぼり 純米吟醸生原酒  720ml  ¥1575(税込み)
http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun.htm

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

「梅錦 美海(うましうみ)純米吟醸 生冬蔵出し」214日よりリリースいたします。
さて2月の一大事といえばもうひとつ梅錦さんから当店オリジナル、タンク契約のお酒がリリースされます。
ご存知「美海(うましうみ)」純米吟醸生冬蔵出し」。今年でもう12回目の蔵出しです。

「美海」は際立って「無垢」で「繊細」な味わいの純米吟醸です。
これはどこに由来由来するかというと「仕込みタンクの小ささ」に尽きます。
「美海」の仕込には梅錦さんでもっとも小さな大吟醸用のタンクを用いています。
タンクの容量が小さければ小さいほど、もろみの温度が低く抑えられ、低温発酵により、

雑味成分が発生しない環境でお酒が成長し、結果良質のリンゴ酸、コハク酸などが多く含まれた香り高く、
繊細にしてまろやかな酒質のお酒が生まれます。
また造り手の目がまんべんなく行き届くといったところも小さなタンクを用いるメリットです。

1
月の終わりに生まれたしぼりたての「美海」。冷え込みにも恵まれて今年もすばらしい味わいに仕上がっています。
「美海スタイル」と称される、マスカットや若いメロンのような若々しいフルーツ香。

キーンと張り詰めた酒蔵の寒気のようなクールでそして透明度の高い味わい。ぜひお楽しみ下さい。
2
14日(月)よりリリースいたします。
<お酒のスペック>
梅錦 「美海 (うましうみ) 純米吟醸生冬蔵出し 
麹米 山田錦(55%精米)  掛米 八反錦(58%精米)
酒度  +5  酸度  1,45  アミノ酸度  1,0
500mll  ¥1223(税込み)   1.8L ¥ 3363(税込) 
http://www.tomoichi-syouten.com/umashi.htm

焼酎入荷情報

・「さつまげんち」(鹿児島いも焼酎)
鉄幹でおなじみのオガタマ酒造さんの限定品。なんと年間1000本しか生産されないいも焼酎です。
今回は6本だけの入荷ですが、ぜひ通の方に味わっていただきたいと思います。
契約栽培による「げんち」種いもを原料に酒米「ひのひかり」を使ってかめ仕込みしています。
http://www.tomoichi-syouten.com/tekkan.htm


・「寶永」(鹿児島いも焼酎)
小さな蔵でご夫婦で焼酎つくりをされている指宿の吉永酒造さんの限定品。
はじめての黒麹にチャレンジしてできた「寶永」。6本だけの入荷です。
ふっくらと優しい癒し系いも焼酎です。
http://www.tomoichi-syouten.com/sunano.html

●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●125日(火)
寒中お見舞い申し上げます。いつもありがとうございます。
早いもので年明けからもう一ヶ月がたとうとしています。
怒涛の年末年始がすぎ、今当店では年末年始になかなかできなかったお店のなかのメンテナンス、
ディスプレイや陳列棚を変えてみたり、プライスカードを新調したり、ETC
非常に地味な作業ですが、ご来店いただいたお客様に小さく粋なサプライズを提供できたらと思い
頑張っております。近くにお住まいの方はぜひお立ち寄り下さい。
さて南国四国といえどもこの時期は最低気温が零度を切ることもしばしば。
凍てつく寒さのなか、蔵の中は吟醸酒つくりで一年で一番ホットな季節を迎えています。


杜氏、蔵人とも真剣勝負の吟醸つくりの真っ最中です。
蔵元でできたばかりのお酒を飲んだことありますか?
彼らの熱い想いとスピリットを純粋無垢なままおとどけする今回のご案内です。
          
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

「梅錦 立春朝しぼり」締め切り間近です。お早めにどうぞ。

今年で3回目。すでに酒通の間では一年のなかの一大事!!
「梅錦 立春朝しぼり」のリリースが迫ってまいりました。
2
4日立春の日の早朝しぼりあがった純米原酒生酒をその日のうちに発送いたします。


本来なら蔵元でしか味わえなかった野性味あふれる文字通りの生まれたて生酒。
キラキラと薄緑色に輝く冬の旬酒。すでに沢山のご注文をいただいております。
締め切りは今週いっぱい130日(日)とさせていただきます。お早めにお申し付け下さい。
<お酒のスペック>
松山三井(愛媛県産) 58%精米
梅錦 立春朝しぼり 純米吟醸生原酒  720ml  ¥1575(税込み)
http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun.htm


亀岡酒造さんも黙っていません。「千代の亀 立春朝しぼり 純米吟醸生原酒うすにごり」

愛媛の美酒蔵、「銀河鉄道」「しずく酒」「お父さんのどぶろく祭り」などで鳴る亀岡酒造さんも
今年から立春朝しぼりに堂々と参戦です。
亀岡酒造さんの酒槽(もろみをしぼる機)は旧式の木製を使っています。
この木槽でしぼればもろみの細かい粒子も酒のなかに溶け込んでうっすら雪が舞うようなうすにごりの
お酒ができあがります。ほんのり甘い麹の香りがお酒のなかにとけこんで、蔵の中の空気もお届けできると思います。
しかも今回は非常に興味深いことに北陸系酒米「五百万石」を使っています。
亀岡さんだからできる野性味あふれる立春朝しぼり。24日しぼったその日に出荷いたします。
締め切りは130日(日)とさせていただきます。お早めにお申し付け下さい。
<お酒のスペック>
五百万石(福井県産) 55%精米
千代の亀 立春朝しぼり 純米吟醸生原酒うすにごり  720ml ¥1470(税込み)
http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun%20chiyo.htm

「海」「海王」「くじら」でおなじみの大海酒造さんよりリーズナブルないも焼酎が入荷しました。
ご存知の通り当蔵がつくる「海」「海王」「くじら」は一部の心ない流通業者により法外な価格で取引される銘柄となり
蔵元、当店を含めての正規代理店は大変苦慮しているのが現実です。
異状アイテムに関しましてはできるだけ多くの方に定価で公平にお分けできるよう努力いたしております。
現在多くの方にお待ちいただいておりまして、大変ご迷惑をおかけいたしますがどうぞご理解のほどよろしくおねがいいたします。
さて大海酒造さんからレギュラーアイテム「大海黒麹」「さつまの海」が先日ようやく入荷いたしました。
当店には8ヶ月ぶりの入荷です。懐かしいラベルにしばし見とれておりました。
レギュラー酒でもまったく手を抜かないどころか、しっかりと個性の際立った美酒ぶりはさすがは大牟礼杜氏のなす技。
今回は本数限定ですが早いもの勝ちです。どうぞお早めに。
http://www.tomoichi-syouten.com/taikai.htm


焼酎入荷情報
・品薄品
〜魔王を世に送り出した前村杜氏謹醸。当店はプレミアなしの正価で提供しています。〜


龍宝 (いも焼酎) 1.8L、720mlとも
http://www.tomoichi-syouten.com/kaze.htm

〜いまや地元鹿児島でもレアアイテムに。
島美人 (いも焼酎) 1.8L、900mlとも
http://www.tomoichi-syouten.com/shimabijin.htm

〜女性に大人気のスイートな黒糖焼酎。
れんと (黒糖焼酎) 720mlのみ
http://www.tomoichi-syouten.com/rento.htm

〜よりピュアに。透き通ったナチュラルな甘みにファン多し。今回6本のみ。早いもの勝ちです。
紫尾山    (いも焼酎)
http://www.tomoichi-syouten.com/shibisan.html

●●●●●四国かわのえからの酒たより ●●●●●●●1224日(金)
いつもありがとうございます。
聖なる夜 クリスマスイブをいかがお過ごしですか?
9
時にシャッターをしめ、気合を入れてメルマガ作成です。
いよいよ今年も残すところあと一週間。
仕事の追い込み&忘年会ラッシュでお疲れじゃないでしょうか?
もうひとふんばり。頑張りって行きましょう。
当店も相変わらずのドタバタぶりです。連日接客、配達、発送作業に忙殺されております。
おまけに明日から小学校は冬休み。娘たちの悪友で店内託児所状態。
怒声と歓声が入り混じり混沌の巷となりそうです。

さてお歳暮は送ったけど、よく考えると年末年始自分が飲む酒を忘れてた!!・・・
っていう人結構多いんじゃないでしょうか?
一年の締めくくり、そしてスタートにはもやっぱり美味しいお酒で過ごしたいものです。


年内のお届け最終締め切りは四国外が1227日 四国内が1229日となっています。
お急ぎの方ははどうぞお早めにお申し付けください。
なお実店舗、ネットショップとも年内は1231日まで営業 
新年初売りは12日より通常営業、配送業務も通常通り行います。
ご来店お待ちしています。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

恒例 立春の早朝にしぼったお酒を翌日にお届けいたします。
ちょっと早いですが予約開始いたします。

愛媛の銘酒 梅錦さんとの特別企画。「立春朝しぼり」。
2005
24日立春のめでたい日の早朝にしぼりあがった、生の純米吟醸原酒を
そのままボトリング、次の日にはおとどけする一日限りの限定酒です。
愛媛の松山以東の市部はその日のうちにお届け可能です。
これまで蔵でしか味わえなかった生まれてたての香りと味わいをぜひお楽しみいただきたく思います。
なお製造量に限りがありますのでお早めにお申し付けくださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/rissyun.htm

一味ちがうおせち料理のお手伝い。こだわりの伝統調味料。

お酒のみならず調味料にも「美味しさ」を徹底的に追求する弊店が絶対におすすめする


先人の知恵がそのまま生きた自然派こだわりの伝統調味料のいろいろ。
一度ぜひお使い下さい。お料理のできばえの違いに驚き、そして喜ばれること間違いなしです。

http://www.tomoichi-syouten.com/yoisyokuhinn.htm

焼酎入荷速報
受注順に発送させていただきます。品切れの際はご容赦下さいませ。


・銀滴 新焼酎(いも焼酎)
昨年リバイバルデビューするやいなや。たちまちのうちにsole'd  out.
焼酎フリークに戦慄と歓喜をもたらした大傑作。満を持しての入荷です。
http://www.tomoichi-syouten.com/ginteki.htm

・れんと(黒糖焼酎)
久しぶりの入荷です。女性に圧倒的人気。
http://www.tomoichi-syouten.com/rento.htm

・三岳(いも焼酎)
屋久島の大きな自然を感じてください。残りわずか。
http://www.tomoichi-syouten.com/mitake.htm

・龍宝(いも焼酎)
魔王を世にしらしめた名杜氏がつくる美焼酎
http://www.tomoichi-syouten.com/kaze.htm

*ここまで長いメールを読んでいただいてありがとうございます。
さて当店からクリスマスプレゼントです。
なんとあのプレミアいも焼酎「伊佐美25度 1.8L」を特別に¥2200円(税別)で提供させていただきます。
お一人様1本のみ6名の先着とさせていただききます。品切れの際にはどうぞご容赦下さい。
WEB
上でご紹介すると混乱をきたす恐れがございますので、
メルマガ配信のかたのみの特別提供とさせていただきます。
大変ご面倒をおかけいたしますが、ご希望の方はメールでお申し付け下さい。
そこでその際にお願いがあるのですが、できましたらほかのいも焼酎をあと2本だけお求めいただけたら幸いと存じます。
こちらからお選びいただけますでしょうか。
http://www.tomoichi-syouten.com/imo.htm

大変無理なお願いを申しますがどうぞよろしくお願いいたします。


今年一年本当にありがとうございました。
おかげさまですばらしいご縁に恵まれて、楽しく商売をさせていただきました。
心より感謝申し上げます。2004年も残りわずかとなりました。
どうぞ皆様お元気でよいお年をお迎えくださいませ。
今後とも末永くよろしくお願いいたします。

●●●●●四国発こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●1130日(火)
いつもありがとうございます。

今年も残すところあと一ヶ月。暖かい初冬ですが、そろそろ木枯らしが吹く頃です。

今月いっぱいで所属する野球チームもシーズンオフに入ります。

年にもめげずにピッチャーをしているので、オフのトレーニングは欠かせません。

下半身強化で走るうちに昨年あたりから欲がでて、いつかはフルマラソン完走を目標に走っています。

来週のPTA駅伝を皮切りに、来シーズン開幕までにはハーフマラソンに2回くらいは出場しようと思っています。

スタミナアップと疲労回復に泡盛百年酢をのんでがんばります。

さて師も走る12月。何かとアルコールを飲む機会も増えてまいります。

飲酒はマイペースで自分にあった量を楽しく料理といっしょに飲むのが基本。

GOOD  JOB  & GOOD  DRINKINGでいきましょう!!

          
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

 

年末年始のギフトにはこだわりのお酒、焼酎、食品をおすすめします。

お世話になった方にちょっとこだわりの贈り物。

「おいしさ」「たのしさ」「健康」をキーワードにオリジナリティーあふれるギフトをたくさんそろえました。

お歳暮期間中はラッピング料金をサービスさせていただきます。

ぜひこの機会にご利用くださいませ。

 

http://www.tomoichi-syouten.com/gift.htm

 

 

梅錦 冬のヌーヴォー「蔵開」吟醸しぼりたて生原酒 1215日から出荷いたします。

 

そろそろ身にしみてきた初冬の寒さのなか梅錦さんの蔵からは早朝から米を蒸す蒸気が白く立ち上っています。

吟醸つくりが始まりました。冬の定番「蔵開」吟醸しぼりたて生原酒の誕生までもう少し。今年のできはいかがでしょうか?

フレッシュ&フルーティー、生まれたてのはつらつとした味わいを原酒のままビンつめします。

蔵の空気を感じることのできる旬の酒。梅錦「蔵開」1215日から出荷いたします。

http://www.tomoichi-syouten.com/kurabiraki.htm

 

梅錦さんの期間限定品「究極の酒」「幻味」本年度の出荷が始まりました。

山田錦30%精米の大吟醸「究極の酒」 松山三井米25%精米の純米大吟醸「幻味」。

いずれも杜氏、蔵人たちの魂がこめられたこれ以上の贅沢は求められないまさに酒の芸術品です。

特別な方への贈り物にいかがですか?

http://www.tomoichi-syouten.com/umeitiran.htm

 

千代の亀さんの問題作「お父さんのどぶろく祭り」本年度新酒が入荷してまいりました。

鬼才亀岡徹社長率いる亀岡酒造さんから昨年のデビュー以来、各地にどぶろくフリークを増殖させている

「お父さんのどぶろく祭り」の今年の新酒が入荷しました。

まだ発酵途中の純米大吟醸のもろみを粗越しして、そのままビンにつめました。発生する炭酸ガスを逃すために

杉の葉で栓をしています。アルコール度13〜14%と少し低めでとろりとクリーミー。甘くスパークするさわやかな口当たり。

酒通はもちろんお酒を飲まれない方でもハマってしまう唯一無二、おどろきのにごり酒です。

限定60本の入荷です。お早めにどうぞ。

http://www.tomoichi-syouten.com/mituzo.htm

 

 

焼酎入荷情報

・品薄品

〜魔王を世に送り出した前村杜氏謹醸。当店はプレミアなしの正価で提供しています。〜

龍宝 (いも焼酎) 1.8L、720mlとも

http://www.tomoichi-syouten.com/kaze.htm

 

 

・再入荷

 

〜地元産のサトウキビ100%使用しています。待望の再入荷。〜

ネリヤカナヤ (黒糖焼酎)

http://www.tomoichi-syouten.com/rento.htm

 

〜これもプレミア必至の限定黒糖焼酎。今月割り当て分6本のみ在庫。早いもの勝ちです。〜

加那    (黒糖焼酎)

http://www.tomoichi-syouten.com/kana.htm

 

〜その無骨さに人気沸騰中。オールドスクールいも焼酎〜

燃島    (いも焼酎)

http://www.tomoichi-syouten.com/moeshima.html

 

〜長期にわたって品切れの1,8Lがようやく入荷。

牧場の夢 (牛乳焼酎)*1.8L

http://www.tomoichi-syouten.com/makiba.htm

  

●●●●●四国かわのえからの酒たより ●●●●●●●1111日(木)
いつもありがとうございます。11月も中旬です。
山々が赤く燃える錦秋。今週末は紅葉を眺めに徳島の剣山に登ってみようかと思ってます。
お酒も更に美しく熟成して飲み頃の季節を迎えました。
秋の夜長に美味しいお酒ごゆっくりとお楽しみ下さい。
          
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

当店オリジナル梅錦「愛海(いとしうみ)」純米吟醸 秋蔵出熟成酒11月15日(月)よりリリース!

お待ちかね、当店オリジナルの限定醸造 梅錦「愛海(いとしうみ)」純米吟醸 秋蔵出熟成酒が
来週15日より出荷開始です。
幻の米ともいわれる岡山産酒米「雄町」を100%使用しています。
このお米は山田錦以上の長い穂をつける大粒で、台風の来る頃収穫時期を迎える晩生米です。
農家にとって、大変な苦労を強いるいわゆる気難しい米でもあります。
また杜氏、蔵人たちにとっても、軟質米のため溶けやすく温度管理が大変で大変な労力を要求します。
しかし幾多の困難を経て出来上がった酒は、山田錦ほどの華やかさはとは対極的に
非常に落ち着いた気品薫る美酒となります。また雄町米で仕込まれたお酒は熟成を経て更に
まろやかで深みのある味わいにと成長します。春先にしぼられた当店オリジナル「愛海(いとしうみ)」
の秋蔵出が約7ヶ月の時をへて更においしくなりました。
ふくらみのある女性的な味わいは少し燗すればより旨みが増して、食中酒として抜群の仕上がりとなっています。
秋の夜長にしっとりと味わえる癒し系吟醸400本の限定です。どうぞお早めに。


http://www.tomoichi-syouten.com/itoshi2.htm


梅錦さん秘蔵の大吟醸30本だけいただきました。
現代の名工 山根福平杜氏が丹精した雫とりの大吟醸を3年間低温で熟成させた
「梅錦 大吟醸雫酒  3年熟成」がわずかですが入荷してまいりました。
このお酒も熟成の妙を楽しんでいただける逸品です。
幾重にもかさなって旨みが織り成す味わいの品格には迫力さえ感じます。
http://www.tomoichi-syouten.com/meimon1.htm


そろそろ暖かいお酒が恋しくなりませんか?暖かい晩秋とはいえ、日が落ちると肌寒くなってきました。
今宵は仕事を早くかたずけて、ゆっくりと燗酒でもたのしんでみませんか?
お酒もスローライフ。焦る気持ちを抑えつつ、炭火を熾して湯燗の出来上がりを待つ。


こんな粋なお酒のシーンを演出する燗映えの美酒をそろえました。
http://www.tomoichi-syouten.com/kanzake1.htm

新着&品薄焼酎入荷状況。
<<新着>>
・鹿児島・いも焼酎  「百秀」「千秀」 日富山醸造
洗練されたシャープ系と伝統派旨口焼酎。それぞれ6本のみ
http://www.tomoichi-syouten.com/sensyu.html


・鹿児島・いも焼酎 「海童 祝いの赤 新焼酎」  濱田酒造
いも焼酎の風雲児 濱田酒造さんの傑作。ビビッドな赤いボトルにおどろくも
さらりとしてクセのない素直な酒質に納得。
http://www.tomoichi-syouten.com/kaido.html


<<品薄商品>> 先着順とさせていただきます。品切れの際はご容赦下さい。

・鹿児島・いも焼酎 「龍宝」 (720ml) 東酒造
若干数入荷しました。お早めにどうぞ
http://www.tomoichi-syouten.com/kaze.htm

・鹿児島・いも焼酎「燃島」(1.8L)  萬世酒造
ブームとはまったく無縁の、ルックス、味わいともに伝統的ストロングスタイルいも焼酎。
http://www.tomoichi-syouten.com/moeshima.html

・鹿児島・黒糖焼酎 「加那 40度」 (720ml)  西平酒造
マニア垂涎の黒糖焼酎。ごくわずかですが入荷です。
http://www.tomoichi-syouten.com/kana.htm

・鹿児島・いも焼酎「三岳25度」(1.8L)   三岳酒造
プレミア必至のレアアイテム。わずかですが入荷しました。
http://www.tomoichi-syouten.com/mitake.htm

●●●●●四国かわのえからの酒たより ●●●●●●●107日(木)
いつもありがとうございます。こちら愛媛は秋祭りのシーズン突入です。
当店のある川之江は来週13日から太鼓台が町内を練り歩きます。「男」度全開の熱い熱い3日間です。
なにやらそわそわと落ち着かない人たちと気合をこめたヘアースタイルの兄ちゃんたちが増え始めました。
祭りといえばやっぱり日本酒!!夜も長くなり、美酒的環境は整いました。
秋の美味しい旬のものといっしょに楽しんでみませんか?
          
○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

当店オリジナル梅錦「美海(うましうみ)」純米吟醸 秋蔵出熟成酒10月12日(月)よりリリース!

お待ちかね、当店オリジナルの限定醸造 梅錦「美海(うましうみ)」純米吟醸 秋蔵出熟成酒が
来週12日より出荷開始です。
麹米に播州山田錦 (精米55%)と 掛米に広島八反(精米58%)を用いて
大吟醸用の小さなタンクですべて手づくりされた限定醸造品です。

冬に搾られた際の新酒のときには非常にシャープでクールな表情でしたが
春夏と時を経て心地よいふくらみと余韻が感じられます。
美海のもっとも大きな特徴とも言えるりんごやマスカットのような新鮮な果実香はもちろん健在。
今年もすばらしい成長を遂げてより美しいお酒になっています。
秋の旬といっしょにぜひお楽しみください。
少量生産ゆえにお早めにお申し付けください。
http://www.tomoichi-syouten.com/umashihiya.htm

テイスティングしてびっくり!!「恐るべきハイコストパフォーマンスの純米大吟醸&純米吟醸」BY 亀岡酒造 

「おかあさんのもろみ酒」「おとうさんのどぶろく祭り」など意欲的快作を連発する愛媛五十崎町の亀岡酒造さんから
今秋,いったい儲けを考えているのだろうかとこちらが心配になるほどの高スペックなお酒がリリースされました。
地元で契約栽培された松山三井米から生まれた「天神村 純米大吟醸」「天神村 純米吟醸」です。
同蔵の最高傑作「銀河鉄道」や「しずく酒」にも共通する品のいいスイートな含み香と

のど越しの爽やかさが2本ともしっかと感じられます。
この価格で亀岡マジックともいわれるテイストを楽しるなんて。。。
小さな酒蔵の大きな野望に満ちた美酒。どうぞご堪能ください。

http://www.tomoichi-syouten.com/chiyo.htm


焼酎入荷情報

<品薄品再入荷>
・れんと 黒糖焼酎 25度  720ml(鹿児島・奄美開運酒造)
大ブレイク!新世代黒糖焼酎。今回特別に60本確保できました。
早期品切れが予想されます。お早めにどうぞ。
http://www.tomoichi-syouten.com/rento.htm

<新着>
・黒伊佐錦 いも焼酎 25度  1.8L(鹿児島・大口酒造協業組合)
おなじみの銘柄ですが、地元鹿児島でも品切れ状態です。今回12本だけ入荷しました。


http://www.tomoichi-syouten.com/kuroisa.html

・ユリムン 黒糖焼酎 30度  1.8L(鹿児島・天海の蔵)
ヘルシー派に今大注目の黒糖焼酎。奄美でも指折りのベテラン杜氏がつくる伝統の味わいの本格派。
http://www.tomoichi-syouten.com/yurimun.html


泡盛百年酢が即日出荷可能となりました。

今夏長期間にわたって品薄状態がつづいた「泡盛百年酢」でございますが、
即日出荷が可能となりました。夏季には大変ご迷惑をおかけいたしましたことを
心よりお詫び申し上げます。。引き続きよろしくご愛飲いただきますようお願い申し上げます。
業界no1のお求め安い価格で皆様のご健康をサポートしてまいります。
http://www.tomoichi-syouten.com/awamorihyakunenn.htm


●●●●●四国発 こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●2004年9月22日(水)
いつもありがとうございます。

99日から沖縄へ行ってきました。

今回は多くのウチナーンチュとの出会いに恵まれ、島酒のみながらのたくさんゆんたく(おしゃべり)しました。

戦争、自然、米軍、祭り、泡盛、食文化、祭り、神etcいろんなキーワードを切り口に沖縄の側面が垣間見れました。

ますます沖縄の深く深く魅せられてしまいそうです。

でも仕事も忘れていません。

「泡盛百年酢」でおなじみの石川酒造さんも訪ねました。

蔵のなかを見せてもらって納得!!もろみ酢のトップブランド百年酢が愛される理由がわかりました。

 

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

泡盛百年酢が9月末日後半より安定供給開始です!!

今夏長期間にわたって品薄状態がつづいた「泡盛百年酢」でございますが、

928日入荷予定分以降は安定供給可能となります。

長らくお待たせいたしましたお客様にはまことに申し訳ございませんでした。

入荷次第お送りさせていただきますので後しばらくお待ちくださいませ。

引き続きよろしくご愛飲いただきますようお願い申し上げます。

これからも業界no1のお求め安い価格で皆様のご健康をサポートしてまいります。

また「泡盛百年酢」品切れ期間中お詫び特価として提供させていただいておりました、

「紅麹もろみ酢」「黒麹もろみ酢」の特別セールは9月末日をもって終了させていただきます。

お急ぎの方はぜひこの期間中にご利用くださいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/awamorihyakunenn.htm

 

 

焼酎新入荷限&限定焼酎案内

島美人(いも焼酎)*のこりわずか

http://www.tomoichi-syouten.com/shimabijin.htm

しまむらさき(いも焼酎)*新入荷

http://www.tomoichi-syouten.com/shimamurasaki.html

加那悠々(黒糖焼酎)*新入荷

http://www.tomoichi-syouten.com/kana.htm

獅童(麦焼酎)*新入荷

http://www.tomoichi-syouten.com/kakushikura.htm

 

 

突然ですがPRです。

私の先輩、橋本守さんの焼肉店「清花園」さんがネットショップオープン。

金メダリスト谷亮子さんはじめ、プロスポーツ選手も多数ご用達の老舗です。

手造りキムチが大好評。ぜひおすすめします。

http://www.seikaenn.co.jp/

 ●●●●●四国発 こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●2004826日(木)
いつも有難うございます。
連日アテネオリンピックでの日本選手の活躍ぶりが放映されています。
私も多分にもれず寝不足の毎日が続いています。
一昨日の長島ジャパン対オーストラリアの準決勝。本当に残念でした。
高給を保証されている一流選手たちがまるで高校球児のようにベンチからグランウン
ドに
身を乗り出して一球に集中する「眼光」の強さ!!
和田が、中村ノリが、クールな由伸までもが捨て身のヘッドスライディング。
援護のないままに三振の山を築いた松阪、孤高のリリシズム。
負けたら終わりという緊張感と集中力。彼らの意地と誇りを懸けた懸命のプレイが
遠くアテネからひしひしと伝わってきて心を揺さぶられました。
これはまさに迷走する国内プロ野球へのアンチテーゼなのかもしれませんね。
といささか二宮清純風に始まりました今回のメールマガジン。
四国山間の貯蔵庫にも感動の美酒が眠っていました。晩夏にすばらしい熟成を遂げた
美酒をご紹介。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

「梅錦  初呑み切り」純米吟醸
8
23日愛媛川之江の山間部「石の口」地区にある梅錦さんの貯蔵庫に美味しいお酒
を探しにいってまいりました。
平家の隠れ里が近くにあり、夏でもひっそりとして静かな山里はまさにお酒の保存熟
成にはうってつけの環境です。
50本の貯蔵タンクのなかからもっともコストパフォーマンスの高いものを選びまし
た。
選んだ基準は、しっかり味わいがのって毎日呑んでも飽きない味吟醸。
最高の環境のなかでじつに美味しく育っています。
ビン詰め後913日(月)大安吉日より順次出荷いたします。
本数が限られています。どうぞお早めにお申し付け下さい。
http://www.tomoichi-syouten.com/nomikiri.html


「梅果紫蘇
「夏バテ」を吹き飛ばそう、もう一度見直そう!梅のパワー
ようやく朝夕涼しくなってきましたが、今年の夏はとにかく暑かった・・・
東京で最高気温を記録した日、非公式ですが練馬では42度あったそうです。
暑さにもめげず頑張った方、お疲れ様でした。
しかし、油断はいけません。疲れが出るのはこれからです。
古来より「梅」は疲労回復、滋養強壮などに大変効果があり
民間療法においても大変重要なアイテムです。
純粋な天然素材だけから作られた健康酢「梅果紫蘇」
一日100円で健康な体つくりへの力強いサポートです。
送料無料サービス中です。是非ご利用下さい。
http://www.tomoichi-syouten.com/baikashiso.htm


PS 
8
月ももう終わり。日が短くなった夕刻にはヒグラシの狂騒とともに真夏とは明らか
に違うやさしい風が吹き始めました。
あの酷暑がどことなく懐かしくなるメロウな一刻。こんな季節にお似合いのソウルバ
ラッド「between the sheets」(isleys brothers)
をBGMにメルマガ完成です。

●●●●●四国発 こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●200481日(日)


暑中お見舞い申し上げます。いつも有難うございます。

日本は温帯から亜熱帯地域になったんちゃうの?と思わせる酷暑の夏です。

四国にヤエヤマヤシとかアダンとかが自生する日がやってくるかも。。。?

でも温暖化で国土を失う島国のことやサンゴの白化現象のことを思うと笑い事じゃないですね。

 

台風がもたらした久しぶりの雨。カラカラだった植物にはまさに天恵となりました。

さて8月にはいりました。まだまだ暑さは続きます。どうぞ皆様ご自愛くださいませ。

 

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

 

たくさんのご愛顧賜っております「泡盛百年酢」シリーズでございますが、

夏季の需要急増がメーカーの予想を大幅に上回り、

ただいまメーカーの石川酒造場さんではフル稼働で製造されておりますが

注文数に製造数が追いつかない状態が6月ころより続き、当店への入荷が予定より大幅に遅れております。

大変皆様にはご迷惑をおかけいたしております。入荷しだい順次お送りさせていただきます。

後しばらくお待ちくださいませ。

 

メーカー様の話だとこの状態が続くのは9月ころまでで

それ以降は安定供給できるとのことでございます。

どうぞ引き続きご愛飲くださいませ。

 

そこでお詫びの気持ちとして、「泡盛百年酢」が品切れの間は

「紅麹もろみ酢」「黒麹もろみ酢」(通常定価1900円)を1750円のお詫び特価で提供いたします。

製造レシピは「泡盛百年酢」とまったく同じで成分、味わいもほぼ同質のものがベースになっております。

ぜひご利用下さいませ。

http://www.tomoichi-syouten.com/awamorihyakunenn.htm

 

 

新着焼酎情報

夏のお中元商戦も一段落。その間にもいろいろニューフェイスの焼酎が入ってまいりました。

まとめてご紹介です。

 

奥霧島(いも)・・・さつま霧島酒造

3石かめの超少量仕込み。美味の秘密は麹にあり?

http://www.tomoichi-syouten.com/okukirishima.html

 

 

英祢成兼 古の千鶴(いも)・・・神酒造

創業130年。老舗蔵がの伝統の味わいと新しいチャレンジ。

http://www.tomoichi-syouten.com/inishie.html

 

紫尾山(いも)・・・軸屋酒造

プレミア必至。今回6本しかいただけませんでした。早いもの勝ち。名水で仕込まれたピュアでノーブルな甘み。

http://www.tomoichi-syouten.com/shibisan.html

 

霧立越(麦)・・・高千穂酒造

麦焼酎では珍しい常圧蒸留。麦の旨みをいかんなく引き出している濃厚な香ばしさ

http://www.tomoichi-syouten.com/kiritati.html

 

燃島(いも)・・・萬世酒造

ブームとはまったく無縁の、ルックス、味わいともに伝統的ストロングスタイルいも焼酎。

http://www.tomoichi-syouten.com/moeshima.html

 

ネリヤカナヤ(黒糖)・・・・奄美開運酒造

「れんと」でおなじみの開運酒造さん。奄美産のサトウキビだけしか使っていないこだわりの黒糖焼酎。

クセになるセミスイートな誘惑に溺れてみたい。

http://www.tomoichi-syouten.com/rento.htm

 

品薄焼酎情報

いずれも在庫が僅少でございます。先着順に出荷させていただきます。

品切れの際はご容赦くださいませ。

 

島美人  <1.8L 720ml > 在庫あとわずか

http://www.tomoichi-syouten.com/shimabijin.htm

三岳   <1.8L  900ml > 在庫あとわずか

http://www.tomoichi-syouten.com/mitake.htm

大海酒造「海からの贈りもの」  <1.8L>  在庫あと4

http://www.tomoichi-syouten.com/umikara.htm

正春酒造「正春」「逢初」「蔵元直結」 各<1.8L 720ml > 在庫あとわずか

http://www.tomoichi-syouten.com/masaharu.htm

 ●●●四国発 こころ酔わせる酒たより ●●●●●●●2004625日(金)
いつもありがとうございます。
梅雨の曇天がつづきます。今週の月曜日には台風が四国上陸、警報がでて学校は休
み。
喜んだのは子供だけ。皆さんの地方は大丈夫でしたでしょうか?
一方沖縄、奄美ははや梅雨明け。
思ったほど雨が降らなかったらしく、こちらのほうは渇水が心配です。
さてそろそろお中元シーズン。こだわりのお酒、焼酎、調味料などなどセレクトしま
した。
一味違う贈り物をご提案いたします。
そして梅錦さんからはこれまで門外不出の限定酒のお知らせです。

○○○○○○○○○○○ 今回のお知らせ内容です。 ○○○○○○○○○○○○

日ごろお世話になっているあの人に夏のご挨拶を。こだわりの「日本酒」「焼酎」
「調味料」などなど
味わいに自信をもってお勧めいたします。一味ちがうお中元で感謝の心をお伝えして
みてはいかがでしょう?

http://www.tomoichi-syouten.com/natugift.htm

2004年新酒鑑評会において当地、愛媛四国中央市の銘醸「梅錦」さんが
見事金賞を受賞されました。今回でなんと28回目の金賞です。
これって物凄いことなんです。吟醸造りの神様とまで呼ばれる先代杜氏の